パクリは正義。仕事を徹底的に真似したら成長できた3つの理由
StartupStockPhotos / Pixabay
スポンサーリンク

これは、サラリーマン時代のぼくが、成長を伸び悩んでしまった人生経験を記事にしたものです。

 

  • 楽に成長する方法はない?
  • 効率良く成長するにはどうすれば?

 

このように思っている人に、この記事を読んで欲しいです。

特に、これからどんどんスキルアップしたいという人に、この記事を読んで欲しいです。

 

ぼくのこの人生経験は、

 

  • 成長したいけれど、パクりはダメじゃないか?
  • デキる人の真似をしているけど、これって正解?

 

と心のどこかで思い始めた人の悩みを解決するのに役立つはずです。

今あなたがビジネスマンとして伸び悩んでいるのであれば、パクることで成長を加速させる学びや気づきを得られると思います。

 

この人生経験から得られる学びや気付き
  • オリジナリティは自然に出る
  • コンテンツは誰にも真似できない
  • パクることから始めるのは近道

 

まずは、ぼくの人生経験から、話していきたいと思います。

 

この記事を書いた人

おんど
2018年にフリーランスとして独立。
WEBライター業をメインに、自身のコーヒーブログも毎日更新しています。 
フリーランス兼ひとり娘を育てる主夫としても、毎日奮闘中です。 
WEBライター/ブロガー/アフィリエイター/出張コーヒー屋さん/主夫など、幅広く活動させていただいています。
⇩ブログ等のリンクは記事の下にあります⇩

 

スポンサードリンク




「パクり=悪」と思い込み伸び悩んだ経験談

ぼくは、パクりはダメなことと思い込み、間違った努力を続けて失敗してしまいました。

 

周りの人よりも優位に立ちたいと考え出す

社会人として数年が経った20代中盤の頃、ぼくはビジネスマンとして周りよりも突出したいと考えるようになります。

 

本を読んだりネットで仕事術を調べて実践を繰り返すことで、順調に成績を伸ばすことができました。

 

最初こそなかなか思うように実践できなくても、人間は慣れるものです。

その後もインプットとアウトプットを続け、デキるビジネスマンを目指していました。

 

その結果、初めて部下を持つようになったり、後輩が慕ってくれるようになります。

 

この頃のぼくは、自分の仕事に自信を持って取り組んでいました。

 

  • 自分の仕事方法は間違っていない
  • このまま成長できればもっと出世できるかも

 

おんど
部下や後輩に仕事術を教えて、恥ずかしながら調子に乗り始めます。

 

オリジナリティを出そうと決意、しかし自分流の仕事術が通用せず

順調に成長を続けていたぼくですが、次第にもっとスキルアップしたいと考えるようになります。

それは、以下のように考えたからです。

 

  • 誰かの真似事はかっこ悪いのでは?
  • オリジナリティを出せばもっと評価されるのでは?

 

自分の仕事に一定の満足感は抱きつつも「自分の仕事術は本やネットのパクり」ということが気にかかっていました。

 

そこで「もっと個性を出して、誰も真似できないようなビジネスマンになろう」と決意します。

 

そしてしばらく自分流の仕事術を実践していましたが、なぜか上手くいきません。

思うように結果が出ず、先輩や上司から注意されることも多かったです。

 

スキルアップや成長が実感できないまま、時間だけが経っているような感覚でした。

 

おんど
上からも下からも評価されたい一心でした。

 

パクることは正義だと気づく

ぼくは、オリジナリティを出すために以下のルールを決めました。

 

  • 先輩や上司の仕事術は真似しない
  • 本やネット情報のインプットをやめる

 

要するに「自分で考えて自分で実践する」ということです。

 

しかし前述した通り、まったく結果を実感できません。

自分流の仕事に限界を感じ始めたぼくは「成長を実感できていた頃の自分」の姿を思い出します。

 

結果を出せていた頃のぼくは、本やネットで情報を膨大にインプットを欠かしていません。

同時に、デキる上司の仕事術を盗んだりもしていました。

 

そこでぼくは「誰かの真似をしたりパクるということは、成長の近道」だということに気がつきます。

「パクり=悪」と考えていたのはまったくの真逆で「パクり=正義」だったのです。

 

成長するためには、まずパクることから始めたほうが効率的です。

そのことに気がつくために、随分遠回りをしてしまいました。

 

おんど
良い時の自分を思い出すのは大切なこと。

 

 

仕事がスムーズに進み、同僚からも一目置かれるようになった

パクることの大切さに気づいたぼくは、インプットに力を入れ始めました。

「インプットし、そのやり方を真似して自分のものにする」これを繰り返し実践します。

 

そしてその方法は功を奏し、次第に仕事をスムーズに進められるようになりました。

 

また、信頼を損ないかけていた社内の人からも再評価されるように。

 

今思えば、自己流の仕事術はただの自己満足だったのでしょう。

オリジナリティを出すことに必死で、パクることの大切さを理解できていませんでした。

 

「効率よく成長して、周りの人から評価されたい」そう考えている人は「徹底的にパクる」ことを実践してみましょう。

 

おんど
変に工夫したり成長を急ぐ必要はなかったのです。

 

スポンサーリンク

パクりを避けて遠回りしてしまった失敗から学べる3つのこと

では、前述したぼくの人生経験から得た「学びや気付き」をお伝えしたいと思います。

 

  • オリジナリティは自然に出る
  • コンテンツは誰にも真似できない
  • パクることから始めるのは近道

 

以上の3つです。

ひとつひとつ、解説していきます。

 

オリジナリティは自然に出る

「仕事方法ややり方をパクる」というと「個性が活かされない」という意見はあると思います。

当時のぼくも、そのように考えていました。

 

でも、徹底的にパクったとしても、オリジナリティは自然に出るものです。

それは、パーソナリティの部分やこれまでの人生経験は、人それぞれだからです。

 

無理にオリジナリティを出そうとすると、空回りしてしまう場合もあるので注意してください。

 

まずは「パクる」ことから始めていけば、自ずとあなたらしい仕事術が身に付き、成長に繋がります

 

コンテンツは誰にも真似できない

仕事内容やその中身は、誰にも真似ができません。

「複数人でまったく同じ業務内容をする」ということはないでしょう。

 

そのコンテンツや仕事内容は、あなただけのものです。

そのため、やり方や方法をパクることは、決して悪ではありません。

 

仕事は過程よりも、結果が大切です。

 

その結果を出すために、コンテンツや内容に力を入れて、仕事術や進め方は「デキる情報」をパクるようにしましょう。

 

パクることから始めるのは近道

「成長したい」「スキルアップしたい」という人は、できるだけ効率を重視したいと思います。

 

ぼくも実際にそうでした。

その結果オリジナリティを出すという結論に至ります。

 

しかし、オリジナリティを出すと成長できるという考えは「遠回り」で非効率でした。

 

パクることから始めるのは、圧倒的に近道ということを覚えて、実践してみてください。

 

「型」や「テンプレート」はパクれば手っ取り早いです。

 

そしてあなたは「内容」や「質」に注力するようにしてみましょう。

成長する上で大切なのは、内容や質などの「中身」なので、あなたはそれに集中するようにしてください。

 

どんどんパクって、効率良く成長していきましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

僕の人生経験から得られる「学びや気付き」は以下の3つです。

 

  • オリジナリティは自然に出る
  • コンテンツは誰にも真似できない
  • パクることから始めるのは近道

 

「成長を伸び悩んでいる」

 

そう考えているビジネスマンの人は、ぼくの人生経験を参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事