次も短期離職したくない方は必見!転職でミスマッチを防ぐ3つの方法
StartupStockPhotos / Pixabay
スポンサーリンク

「面接の時と入社後の職場の方のギャップに驚いている」

「試用期間中だけど、会社選びに失敗した気がする」

と、心のどこかで悩んでいる方はいませんか?

 

実は僕も、そのうちの一人でした。

 

面接の時は雰囲気が良くて、運良くご縁があって入社したもののギャップがすごくて…。

挨拶すら交わさない静まり返った会社で、一人で悩むばかり。

 

毎日会社に行くのが嫌で、出勤時の足取りが重かった経験があります。

 

もう試用期間で辞めたい、辞めるなら次は会社選びに失敗したくない。 

 

そんな悩みを抱えていた僕ですが、今では悩みから解放され、年単位で会社を続けられるようになりました。

 

何故、私が悩みから解放されたのか。

それは以下3つのことを経験により学んだからです。

  1. 面接は相互理解の場であると認識しておく
  2. 内定後は職場見学で働くイメージを掴む
  3. ミスマッチした職場に居続けることは時間の無駄

この3つです。

 

この3つをしっかり抑えておけば、試用期間で退職した貴方も、次の会社選びでは失敗せずに長く続けられるようになっていきます。

 

結果的に、「入社前とギャップがある」「試用期間で辞めたい」という悩みは、限りなく減らすことができます。

 

今回の記事は、

  • 試用期間で会社を辞めて転職活動中
  • 次の会社選びは失敗したくない

上記のような人には特に読んで欲しい内容です。

 

では、これから解決策となる3つのことを説明していきます。

 

 

この記事を書いた人

AQUA
普段はベンチャーIT企業でWEBマーケティングの仕事をしています。
LIFE EAT'Sライター。
LGBTQ・転職をメインに書いています。
⇩ブログ等のリンクは記事の下にあります⇩

 

スポンサードリンク




面接は相互理解の場であると認識しておく

企業から内定を得るために、誰しもが面接対策を入念に行うと思います。

 

僕も転職の際は企業に選んでもらうために、面接官にささる内容を必死に考え答えていました。

 

その結果、「企業に選んでもらうことが目的」となり、入社後にミスマッチを起こすことになりました。

 

企業に選んでもらうことに固執すると、転職は高確率で失敗します。

 

選んでもらうのではなく、自分のキャリアプランの実現・社風などもマッチしているかを必ず確認しましょう。

 

そして、“面接は相互理解の場”であるということを理解しましょう!

 

面接官の対応・雰囲気をしっかり見ておく

面接で自己アピールは大切ですが、それと同じくらい会社を見極めることも大事です。

 

  • 時間を企業側も守っているか
  • 面接官は横暴な態度ではないか
  • 面接官が複数名の時の面接官同士の対話 など

 

緊張が避けられない面接ですが、自己アピールしながらも会社を見定めるチャンスがあります。

 

面接官は勤続年数・実績がある社内の代表者が出てくる上に、自然と会社のカラーに染まっています。

 

そのため、”面接官の対応・雰囲気=企業の社風”と判断できるため、面接官を見ることは重要です。

 

AQUA
少しでも違和感があれば質問をして確認を行い、自分にマッチしているかを判断した方が良いです!

 

気になることは面接の最後に聞いてみる

面接の最後に何か質問はありませんか?と必ず聞かれると思います。

 

準備した内容を質問しても良いですが、自分が本当に聞きたいことを質問した方がミスマッチを防げます。

 

待遇面・企業の雰囲気は、質問する事がNGという暗黙の了解がありますが、聞き方1つで質問することも可能です。

 

【残業時間】についての質問
今の会社では残業するケースがどうしてもあるのですが、御社の社員の方は通常何時頃まで残業されていますか?

【休日日数】についての質問
年末年始やお盆はどのような勤務になっているのでしょうか?

 

僕は面接で気になる事があったのに関わらず、聞かなかったことでミスマッチに繋がりました。

 

入社までの疑問点を解消するために、最後の逆質問で気になることを聞くことはとても重要です。

 

AQUA
質問に対して”曖昧な回答” ”嫌悪感を示す態度”は危険な会社だったりします!

 

 

スポンサーリンク

内定後は職場見学で働くイメージを掴む

前述で面接官の態度・対応から、企業を判断することが重要とお伝えしました。

 

ですが、短い面接だけで企業を理解することは難しいのが現実です。

 

僕自身、面接で雰囲気が良ければ良い会社と思い入社したものの、ギャップを感じた経験があります。

 

実際に入社してみないとわからない雰囲気や人柄は、”職場見学を行うこと”で簡単に確認できます。

 

職場見学で先輩の人柄・社内の雰囲気がわかる

転職する時は、仕事内容・キャリアアップ・年収なども大切ですよね。

 

ですが、それ以上に「誰と働くか」「気軽に質問できる環境」などの社内環境が長く働く上で重要だったりします。

 

正直、面接だけでは一緒に働く部署の方の人柄や社内の雰囲気はわかりません。

 

しかし、職場見学をさせてもらうことで、普段どのような雰囲気で働いているかを確認できます。

 

働くイメージだけでなく、この会社を選んで良いのか判断することができます。

 

AQUA
内定後は企業も入社してほしいため、職場見学も快くOKしてくれる所が多いですよ^^!

 

 

スポンサーリンク

ミスマッチした職場に居続けることは時間の無駄

転職後、職場選びを間違えたと思っても、職歴に傷がつくことを恐れて居続けることが多いと思います。

 

ですが、そのまま我慢して居続けてもパフォーマンスの良い仕事はできず、ストレスが溜まる一方です。

 

僕自身、ブラック企業に入ってしまい…

  • 会社にいる事が辛い
  • 殺伐とした職場で働きたくない

と、毎日悩みを抱えていました。

 

そうなると、仕事に集中できない上に得るものは何もありません。

 

ミスマッチを感じたら、”時間を無駄にしないためにも転職する”ことも手です。

 

ミスマッチを感じたら転職が一番の近道

  • 社風、雰囲気がどうしても合わない
  • 入社前と配属や条件が違う
  • とにかく環境がブラック など

 

上記のようなミスマッチだと、特に辞めたい気持ちが先行すると思います。

 

時と場合によりますが、自分が本当に辛い時は次の職場に転職した方が今後のためです。

 

ただし、ただ転職するだけでは同じことを繰り返す事になります。

 

  • ミスマッチが起きた原因は何か
  • 自分はどんな環境で働きたいのか
  • 将来どうなっていたいのか

 

これらを改めて明確にして企業を選びを行い、同じ間違いを繰り返さないようにしましょう。

 

まとめ

上記3つのことを抑えておけば、「会社選びに失敗した」「短期離職が増えた」という悩みは、限りなく減らせると思います。

 

今一度、選考時にミスマッチを防げる部分がないかどうか、考えてみると良いと思いますよ。

 

特に、短期離職を増やしたくない!と思った方は、企業の選び方を学んでみると良いと思います。

 

僕自身、面接だけでなく内定後の面談や職場見学をさせてもらうことで、ミスマッチを最小限に減らせています。

 

下記の本を読んでみると、企業選びでミスマッチを起こさないための方法を学び、実行できるようになると思いますよ。

 

AQUA
会社選びで人生が大きく変わるので、ミスマッチを防ぐことは本当に大事ですよ^^!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事