考える時間ももったいない。パクりを正当化して仕事を楽にする考え方を3つ教えます
Pexels / Pixabay
スポンサーリンク

「成長したいけれど、パクりはダメじゃないか」

「デキる人の真似をしているけど、これって正解」

 

そんな風に、悩んでいる人はいませんか?

 

ぼくも実は、そのうちの一人でした。

成長したい、そのためには誰かのパクりをしたほうが早そう、でもそれって悪いことなのでは?

そして、成長スピードが遅くて上司に怒られる。

 

自分を想うように成長させられず、自己嫌悪にを感じていた経験があります。

 

パクりはダメ、でもデキる人は見習いたい。

そんな悩みを抱えていたぼくですが、今では悩みから解放され、徹底的にパクることで成長スピードを早めていくことができています。

 

なぜ、ぼくが悩みから解放されたのか。

それは、以下の3つのことを経験により学んだからです。

 

  1. 思う存分パクればいい。オリジナリティは自然に出るもの
  2. 大事なのは中身。コンテンツはあなただけのもの
  3. ショートカットは可能。スタートこそパクりから始めるべき

 

この3つです。

 

この3つを意識していれば、サラリーマンやフリーランスで働いている人も、パクることで仕事の精度を上げ、自分を成長させられるようになります。

結果的に、お客さんや上司から、厚い信頼を得ることができるでしょう。

 

今回の記事は、

 

  • 楽に成長する方法はない?
  • 効率良く成長するにはどうすれば?

 

上記のような人に、特に読んで欲しいと思います。

では、これから解決策となる3つのことを説明していきます。

 

 

この記事を書いた人

おんど
2018年にフリーランスとして独立。
WEBライター業をメインに、自身のコーヒーブログも毎日更新しています。 
フリーランス兼ひとり娘を育てる主夫としても、毎日奮闘中です。 
WEBライター/ブロガー/アフィリエイター/出張コーヒー屋さん/主夫など、幅広く活動させていただいています。
⇩ブログ等のリンクは記事の下にあります⇩

 

スポンサードリンク




思う存分パクればいい。オリジナリティは自然に出るもの

成長するためには、思う存分、良い人のアイディアや型をパクりましょう。

考え方なんかも、どんどんパクれば良いと思います。

 

そうすることで、あなたはゼロから考えることを「ショートカット」できます。

 

成功や成長をするためには、できるだけ近道をしたいものですよね。

でも、パクってたら人と同じことしかできないのでは?と思うかもしれません。

 

でも安心してください。

ちゃんと自然にオリジナリティは出るものだし、自分らしさを発揮することは可能です。

 

完璧にパクるのは不可能。自然と自分らしさは出るもの

パクり続けると「自分らしさ」が減るのでは?と考えるかもしれませんが、そんなことはありません。

どんなに完璧にパクろうと思っても、完璧は無理だからです。

 

完璧にパクるのが無理な理由は、どうしても自分らしさが出てしまうから。

 

また、一生懸命考えた方法でも、結局は誰かのパクりだったという経験もあるかもしれません。

 

最初から完璧にパクるのは無理だと理解して、割り切ってパクり、自然に自分らしさが出るようにしてみましょう。

 

スポンサーリンク

大事なのは中身。コンテンツはあなただけのもの

パクりは良いことであると、この記事では紹介しています。

でも、中身までパクるのはやめましょう。

 

中身やコンテンツは、あなたらしさを表す重要なものです。

 

「型」や「テンプレ」はパクってショートカットし、中身はあなたらしさで勝負する。

 

こうすることで、形こそ過去に存在していたとしても、あなただけのオリジナルコンテンツが出来上がります。

 

「型」をパクって、中身で勝負。あなたにしかない考えや経験で差別化を

中身で勝負するというのは、とても大事なこと。

例えば、ノウハウを誰かに伝えたいときは、誰かの考えをパクり、そこにあなたの経験を添えましょう。

 

あなたの経験や考え方は、あなただけのものです。

 

そこまでをパクってしまっては、せっかくパクっても説得力に欠けてしまいます。

少しでもオリジナリティを出そうと思うなら、あなたの経験を生かしてください。

 

人生経験や、本や映画で感じたことは、大切に。

それをあなたの考えとすれば「型」や「テンプレ」をパクるのは、何も悪いことではありません。

 

スポンサーリンク

ショートカットは可能。スタートこそパクりから始めるべき

前述しましたが、パクることで「ゼロ」から考えることがなくなります。

つまり、一番面倒な作業をショートカットできるのです。

 

ぼくは、スタートや「ゼロ」から考えることこと、パクるべきだと考えています。

 

考えが「ゼロ」の状態というのは、人間が一番しんどいと思う瞬間なのです。

逆に「ゼロ」を抜け出せば、軌道に乗るのも早いでしょう。

 

最初の一歩を楽にして、あなたは発信することに注力すれば良いのです。

 

最初の一歩が一番しんどい。スタートダッシュで波に乗ろう

スタートダッシュが決まれば、軌道に乗りやすいです。

悩んで唸っているだけでは、物事は何も進みません。

 

今の時代は変化し続ける時代なので、考えている間に新しい情報に上書きされてしまうこともあります。

 

なので、アイディアはどんどんアウトプットすることが大切。

そのためには、基本のところはパクることから始めましょう。

 

スタートダッシュを切ってどんどんアウトプットし、成長を早め、仕事をどんどん楽にしたり加速させましょう。

 

まとめ

上記3つのことを実践していけば、パクりは仕事を楽にし、さらに自分を成長させてくれると理解できると思います。

今一度「パクる」という意識について考え直してみてください。

 

特に、なかなかスタートが切れない、思いをアウトプットできないという人は、パクりの重要性を意識するようにしましょう。

下記の本などには、効率の良いアウトプット方法が書かれています。

 

すぐに実践できることが書かれているので、とても実用的でおすすめの本なので、機会があればぜひ読んでみてください。

 

おんど
パクりは正義です!どんどんパクって自分のものにして、アウトプットを加速させましょう。仕事も楽になっていきますよ^^

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事