死んでも守れ!男がロン毛にしても仕事をうまくこなすための3つの掟
RyanMcGuire / Pixabay
スポンサーリンク
  • 入社して短髪になったけど、本当は個性的な見た目の方が好きだ
  • ロン毛にしたい男だけど、仕事でなんて言われるか不安

 

こう悩んでいる方はいませんか?

 

実は、僕も同じ悩みを抱えていました。

僕は元々バンドマンで、見た目もエンターテイメントの一つと考えて、髪を染めたりピアスを開けたりしていました。

社会人になり仕事をするにあたって、清潔感のある短髪になりましたが、内心前の見た目に戻りたいと考えていました。

 

髪型を変えてロン毛などにしてみたいけど、仕事との折り合いが難しい。

そんな悩みを抱えていた僕ですが、悩みから解放されて、仕事に支障がないようにロン毛にする方法を確立しました。

 

なぜ僕が悩みから解放されたのか。

それは、以下の3つのことを経験より学んだからです。

  1. いいも悪いも、見た目はあなたを印象付ける一助になる
  2. 仕事は真面目に確実にやるべき
  3. 社内ルールも遵守すること

この3つです。

 

この3つをしっかりと押さえておけば、仕事に支障が出ないように髪型を変えたいあなたも、誰にも文句を言われることなく見た目を遊べるはず。

結果的に「ロン毛にしたいけど仕事に支障が出るかもしれない」といった悩みは限りなく減らせます。

 

今回の記事は

  • 髪型を変えたいけど、どこまでやっていいか分からない
  • 個性的な髪型にもしてみたい

上記の人に読んで欲しい内容です。

では、これから解決策となる3つのことを説明していきます。

この記事を書いた人

じゃこ
じゃこ
2019年、仕事を辞めて旅に出ました。 
旅と自然と音楽を愛する20代男。 
有名大学入学までは順調に人生を歩んでいました。
しかし、19歳のときガンで1年入院。無事復帰して大学院入学、超有名企業入社といわゆる「エリートコース」を歩むが、自分の時間を作るため退職。
「行動しながら考える」をモットーに毎日楽しく生きています。 
海外ではバイクで田舎をぶんぶん走るのが好き。
⇩ブログ等のリンクは記事の下にあります⇩

スポンサードリンク




いいも悪いも、見た目はあなたを印象付ける一助になる

男

特徴的な見た目は、「いい意味でも悪い意味でも」あなたを印象付けるひとつの要素になります。

僕は身長170cm、体重60kgと典型的な「普通」ですが、「ロン毛の男=僕」という立ち位置を獲得しました。

じゃこ
他部署の方には「名前はわからないけど、あの、髪が長いヤツ」って覚えられましたね。
これが特徴的な見た目の最大のメリットです!

好感度は・・・低いです

先ほど「いいも悪いも」と言いましたが、本当のことを言うと、ロン毛に限れば悪い方が圧倒的に多いです。

以下は、特に女性に聞いた男性にしてもらいたい髪の長さのアンケート結果です。

長髪

出典:OZmall

見て分かるように、女性人気は圧倒的に短髪です。

それは仕事でも同じで、女性に限らず男性にも、確実に短髪の方がウケます。

ただ、それでも僕らがロン毛にしたい理由は・・・「自分がやりたいから」ですよね。

僕もその思いで髪を伸ばしていました。

 

ただ、注意して欲しいのは「ファッションを見るのは相手」ということ。

自分は鏡の前に立ったときくらいしか自分の姿を見ませんが、相手からは簡単に見られます。

「相手から見て不快ではないか」と「自分がやりたい髪型」の両方を考慮して、ちょうどいいところに落ち着ける必要がありますね。

清潔感に気をつけよう

髪型で遊びだすとどうしても清潔感を出すのが難しくなります。

特に男のロン毛は汚く、みすぼらしくなりがち。

  • シャンプー・トリートメントを毎日行う
  • 定期的に美容院に通って毛先を整える
  • 量が多い人は横や後ろは刈り上げて2ブロックにする

 

このような工夫をすれば、割と綺麗にロン毛にできます。

ロン毛にするなら、その分手間暇をかけるのが鉄則です!

スポンサーリンク

仕事は真面目に確実にやるべき

仕事

当然ですが、仕事は真面目にやるのが鉄則。

ただでさえ調子に乗った髪型をしているんですから、他の人以上に真面目に確実に仕事をこなす必要があります。

悪い印象をいい印象で上書きするくらいの気持ちでいきましょう。

不良が電車で席をゆずるとすごく印象がいいのと同じですね。

魅力はギャップから生まれます

先ほども少し言及した、「不良がいいことをすると好感度がとても上がる」ですが、その理由は「ギャップ」にあります。

不良という悪い印象の人が、席をゆずるといういい印象のことをすると、そのギャップに人々は魅力を感じるわけです。

 

ロン毛のあなたは、ここでいう「不良」です。

その不良が仕事にすごく真面目でできるヤツだったら・・・?

周りの評価は相当上がりますね!

悪い印象ってのも、そう考えるとダメってわけでもないですね。

スポンサーリンク

社内ルールも遵守すること

ルール

会社に所属している以上、服装規定や一般常識は必ず守ってください。

会社はお客さんのためにサービスを提供しているのであって、社員を楽しく自由に生活させるためにあるわけではないんです。

なので、「髪型なんて俺の自由だろ!」という言い分は、社会人である以上通用しません。

じゃこ
僕の長髪は肩下10cmくらいでした。
お客さんに会うお仕事ではなかったので、目をつぶってもらっていたんだなあと思います。

社内ルールをクリアしても、悪い印象を与えることがあります

社内ルールはあくまでもルール。

人によっては、社内ルールをクリアした髪型でも引っかかることがあります。

下のグラフは、人事担当者が「新入社員に対して髪型が気になったことがあるか」のグラフです。

長髪

出典:FNN PRIME

37%の人事担当者は、新入社員の髪型に気になったことがあると答えています。

新入社員は、会社員人生のなかで最も髪型に気をつけている時期なので当然、社内規定はクリアしているはずなのに、約4割もの人が髪型が気になると言っているんです。

ルールを守れば自動的に気に入られるというわけでもなさそう。

ルールを守ることは大前提で、さらに清潔感を出したり、明るい感じを出したり、本当はルールの一歩先を行く必要があるということなんですね。

まとめ

仕事

上記3つのことを押さえておけば、ロン毛にしたいけど仕事に影響が出ないか不安だという悩みは、限りなく減らせます。

清潔感と真面目な仕事がキーワードです。

 

特に、毎日の髪のケアには「椿油」がオススメです。

いろんなヘアオイルを試しましたが、下に紹介する大島椿は、くせ毛な僕の髪をまとめるのに最も有効でした。

ツヤ感を出し、健康的で綺麗な髪を目指すのに必携です!

じゃこ
高級なヘアオイルと比較して値段がお手頃なのも嬉しい。
しっかりケアして印象の良いロン毛を目指してください!
created by Rinker
大島椿

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事