失敗を歓迎しよう。成功したければ「失敗を重ねるべき」理由を3つ教えます
Free-Photos / Pixabay
スポンサーリンク

「失敗は成功のもと」と言うけれど、実際どうなの?

「失敗は人を成長させる」と聞くけど、それ本当?

 

このような疑問を抱えている人はいませんか?

 

実は、ぼくもそのうちの一人でした。

成功や成長はしたいけれど、失敗をするのが怖い、失敗をして成長するって本当なのか…?

そして、失敗を経験しないまま、成長が止まってしまう。

上司や取引先からは、成長しない奴とレッテルを貼られてしまった経験があります。

 

失敗は本当に成功のもとなのか?失敗して、成長するものなのか?

そんな疑問を持っていたぼくですが、今ではその疑問を解消でき、取引先やクライアントから良い評価を得ることができています。

 

なぜぼくが、疑問を解消できたのか。

それは、以下の3つのことを経験により学んだからです。

 

  1. 成功の確立を10割にしようとすることが、そもそもの間違い
  2. 失敗経験は記憶に残りやすいので、成功の材料となりやすい
  3. 挑戦した経験は貴重。どんどん挑戦回数を増やすべき

     

    この3つです。

     

    この3つを理解していれば、ビジネスマンとして頑張っているあなたも、成長を加速させることができるでしょう。

    結果的に「失敗は成功のもと」の意味が分かり、挑戦を躊躇しなくなる人間になれると思います。

     

    今回の記事は、

     

    • 挑戦をしたいけれど、不安が勝つ
    • 失敗しそうだから、行動に移せない

     

    上記のような人に、特に読んでもらいたい内容です。

    では、これから解決策となる3つのことを説明していきます。

     

     

    この記事を書いた人

    おんど
    2018年にフリーランスとして独立。
    WEBライター業をメインに、自身のコーヒーブログも毎日更新しています。 
    フリーランス兼ひとり娘を育てる主夫としても、毎日奮闘中です。 
    WEBライター/ブロガー/アフィリエイター/出張コーヒー屋さん/主夫など、幅広く活動させていただいています。
    ⇩ブログ等のリンクは記事の下にあります⇩

     

    スポンサードリンク




    成功の確立を10割にしようとすることが、そもそもの間違い

    あなたは「10回中10回を成功させよう」と考えていませんか?

    この考え方だと、一度も失敗できないということになります。

     

    そうすると、失敗を恐れて行動できなくなり、結果的に挑戦回数が減ってしまうでしょう。

     

    挑戦や行動で、一番大切なのは「成功すること」です。

    勘違いして欲しくないのは「成功率」ではなく「成功した回数」であるということ。

     

    成功の回数を増やすためには、失敗を恐れずに行動して、どんどんチャレンジを繰り返しすようにしてみてください。

     

    百発百中なんて存在しない。3割でも素晴らしい数字だと理解する

    世の中「百発百中の人」なんて人は、存在しません。

    どんなに素晴らしい成功を収めている人でも、数えきれないほどの失敗を経験しています。

     

    成功するためには、失敗は不可欠だし「失敗で学んだことから改善していけば良い」だけの話。

     

    例えば、プロ野球の選手の打率は、良くても3割です。

    10回中3回しか、成功していないということになるんですよね。

    毎日練習を繰り返しているトップスポーツ選手でも、これぐらいの成功率なんです。

     

    なので、失敗をせずに成功をするのは不可能。

    失敗して元々、ぐらいの気持ちで、行動や挑戦を繰り返すようにしてみましょう。

     

    スポンサーリンク

    失敗経験は記憶に残りやすいので、成功の材料となりやすい

    あなたは、失敗した記憶を思い出せますか?

    おそらく、喜んだ経験よりも、鮮明に思い出せると思います。

     

    人間は、失敗して嫌だった思い出ほど、記憶に残りやすい生き物です。

     

    学習能力が高い人間だからこそ、このような現象が起こってしまうんですね。

    これを利用して、成長していきましょう。

     

    失敗した経験を糧とし、同じ過ちを繰り返さないように肝に銘じ、改善を繰り返して成長を目指してみてください。

     

    改善することで、人は成長する。成長の糧となる「失敗経験」をたくさん積もう

    失敗を繰り返してばかりの人。

    これは、あまり褒められるタイプではありませんね。

     

    失敗を繰り返してしまうのは、改善の努力をしていないからです。

     

    失敗という「素晴らしい経験」を、そのまま繰り返すのはとてももったいないこと。

    何がダメだったのか、次からどうしたら良いのか、分析してみましょう。

     

    それを繰り返すことで成功は手に入るし、失敗経験を「ただの苦い思い出」で終わらせることがなくなります。

     

    スポンサーリンク

    挑戦した経験は貴重。どんどん挑戦回数を増やすべき

    どんな小さなことでも構いません。

    あなたは「挑戦」をしていますか?

     

    当たり前の話ですが、挑戦しないと失敗も成功もありません。

     

    そして、成功するためには、挑戦が必要不可欠。

    挑戦回数が多ければ多いほど、必然的に成功の回数も増えます。

     

    どんどん挑戦を繰り返し、成功回数を増やす努力をしてみましょう。

     

    挑戦なくして成功はあり得ない。失敗を恐れず「挑戦回数」を増やそう

    挑戦回数が多いと、失敗回数も当然増えます。

    でも前述した通り、そんなことは気にしなくても大丈夫。

     

    目的は「成功回数を増やすこと」なので、どんどん「挑戦回数」を増やしていきましょう。

     

    例えば「毎朝5時に起きる」という小さな挑戦でも構いません。

    もし寝坊してしまったら「なぜ寝坊したのか」を考えて、改善するようにしましょう。

    昨晩寝る時間が遅かったから、残業をしたから…といった理由が挙げられると思うので、それを無くす努力をしてください。

     

    少しずつ、小さな挑戦を繰り返すことで、自信にも繋がります。

    自信がつけば、結果的に仕事やプライベートでも「成長するきっかけ」が掴めるようになるでしょう。

     

    まとめ

    上記3つのことを抑えておけば「失敗を重ねることで成長できるのか?という疑問を解消できると思います。

    今一度、自分がどれだけ挑戦をして、どれだけ失敗をしているのか、振り返ってみてください。

     

    特に、仕事やプライベートで成長したいと思っている人は、挑戦の価値についてよく考えてみることをおすすめします。

    ぼく自信、成長するためにどんどん失敗を繰り返し、少しずつレベルアップを体感できた経験があります。

     

    下記の本などを参考に、挑戦や失敗のことについて学んでみると、日々の過ごし方が変わってくると思いますよ。

     

    おんど
    人生に失敗は付き物。失敗が多い人ほど、たくさん成長できます^^

     

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事