先輩にしてもらいたいことは何ですか?後輩と良い関係を築ける3つの方法を教えます
algedroid / Pixabay
スポンサーリンク

「上下関係はきっちりしたいけれど、後輩との適度な距離感が分からない」

「先輩と後輩との上下関係は、学生の頃と同じ感じでも良いのだろうか」

 

と、悩んでいる人はいませんか?

 

ぼく自身も、そのうちの一人でした。

後輩とは仲良く過ごしたい、でも仕事だからきっちりした方が良いのかな…?

と考えているうちに、先輩としての尊厳を失ってしまった経験があります。

 

後輩との適度な距離感が分からない、学生と同じではいけないんだろうか。

そんな悩みを抱えていたぼくですが、今では悩みから解放され、後輩と適度で良好な関係を築くことができています。

 

なぜぼくが悩みから解放されたのか。

それは、以下の3つのことを経験により学んだからです。

 

  1. 優しさと厳しさは半々で。優しいだけじゃ舐められる
  2. プライベートは後輩のもの。私生活での繋がりは一線を引く
  3. 先輩にしてもらいたいことを想像する。それを後輩にしてあげればOK

 

この3つです。

この3つのことを抑えておけば、サラリーマンとして後輩と関わっているあなたも、後輩から良い感じで慕われるようになるでしょう。

結果的に「後輩との関わり方が分からない」「後輩との適度な距離感が掴めない」といった悩みを、限りなく減らせることができます。

 

今回の記事は、

 

  • 後輩に舐められるのはむかつくから、先輩として上下関係はハッキリさせたい
  • 後輩の仕事指導を任されているけれど、良い上下関係になれるか不安

 

上記のような人に、特に読んでもらいたい内容です。

では、これから解決策となる3つのことを説明していきます。

 

 

この記事を書いた人

おんど
2018年にフリーランスとして独立。
WEBライター業をメインに、自身のコーヒーブログも毎日更新しています。 
フリーランス兼ひとり娘を育てる主夫としても、毎日奮闘中です。 
WEBライター/ブロガー/アフィリエイター/出張コーヒー屋さん/主夫など、幅広く活動させていただいています。
⇩ブログ等のリンクは記事の下にあります⇩

 

スポンサードリンク




優しさと厳しさは半々で。優しいだけじゃ舐められる

後輩に対して、あなたは優しいですか?厳しいですか?

このバランス、とても難しいですよね。

 

結論を言えば、優しすぎても舐められるし、厳しすぎても嫌われます。

 

バランスとしては「9割褒めて、1割刺す」ぐらいが良いでしょう。

「厳しい」よりも「優しい」ほうが理想です。

 

後輩の味方であるということは前提条件で、たまに注意するぐらいのバランスを心がけてみてください。

 

厳しすぎるのもダメ。基本的なスタンスは、後輩の味方であること

後輩との関係で大事なのは「あなたが後輩の味方である」ということです。

仕事なので、厳しくする必要もありますが、決して敵ではありません。

 

ダメな上司の典型的な例として「後輩から敵対心を抱かれている」ということが挙げられます。

 

敵対心を抱かれてしまうと、仕事に協力してくれなくなるし、職場の空気も悪くなります。

どんな仕事でも、コミュニケーションは大切ですよね。

 

後輩の味方である、という基本スタンスを厳守して「ダメなところはたまに注意する」という姿勢でいましょう。

 

スポンサーリンク

プライベートは後輩のもの。私生活での繋がりは一線を引く

後輩と仲良くなったら、プライベートの話をする機会も増えると思います。

でも、プライベートに首をツ突っ込みすぎるのは、リスクが高いです。

 

会社や先輩として、後輩のプライベートには踏み込まないようにするべきでしょう。

 

仕事上の付き合いは良いけれど、プライベートまで仲良くなる必要はない。

そう考えている後輩は、かなり多いです。

 

少し寂しいような気もしますが、仕事とプライベートはしっかり分けてあげることも、先輩としての努めです。

 

SNSや休日との約束は慎重に。いくら仲良くても、私生活は別物

今の時代、SNSを利用してプライベートで繋がるのは簡単なこと。

だからこそ、SNSでの繋がりには慎重になってください。

 

プライベートには干渉して欲しくないという後輩は、一定数います。

 

でも、後輩のほうからプライベートのお誘いがきたときは、もちろん別です。

仲良くなるのに越したことはありまん。

 

後輩という立場上、先輩からプライベートの誘いをされたら、断りにくいもの。

そのことを理解して、プライベートでの繋がりには慎重になるようにしてみてください。

 

スポンサーリンク

先輩にしてもらいたいことを想像する。それを後輩にしてあげればOK

あなたが、先輩にしてもらいたいことは、どんなことですか?

それを想像して、後輩にしてあげましょう。

 

「余計なお世話」と感じることは後輩にせず「してくれて助かる」と思ってもらえることをしてあげればOKです。

 

例えば、上司から怒られていたらかばってあげる、なども良いと思います。

実際に、あなたが先輩からされて嬉しかったことを、後輩に換言するのも良いでしょう。

 

これを実践していけば、頼りになる先輩として、好かれやすくなります。

 

嬉しかった仕事のフォローや、優しくしてくれた経験は、後輩に還元しよう

先輩にして欲しいことや、して欲しかったこと。

きっといくつもあると思います。

 

優しくされた経験があるのなら、ぜひ後輩にも優しくしてあげてください。

 

また、先輩にされて嫌だったことは、必ず後輩にはしないように。

良い行いは受け継ぎ、嫌だった行いは自分のところで断ち切るようにしましょう。

 

これを繰り返すことで、先輩と後輩は良い関係を築くことができ、仕事もうまく回るようになっていきます。

 

まとめ

上記3つのことを抑えておけば「後輩との関係性」に悩む時間を、限りなく減らせることができるでしょう。

今一度、後輩との関係を見つめ直してみてください。

 

特に、後輩を巻き込んで仕事をする機会が多い人は、コミュニケーションの取り方について学んでおくと良いです。

ぼく自身、先輩後輩の関係で悩んだときに、下記の本を役立てました。

 

良い関係作りを頑張れば、その分仕事は楽になるし、成果も上げることができます。

ぜひ先輩後輩の良い関係構築を目指して、行動してみてください。

 

おんど
後輩は、仲間です。良い関係を築いて、快適に働けるようにしてみてください^^

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事