楽したいなら本気出せば?全力で遊び、全力で働くのを推奨する理由を3つ教えます
Pexels / Pixabay
スポンサーリンク

「仕事がもっと楽になる方法や考え方が知りたい」

「プライベートを充実させたいけれど、しんどくなるのは嫌だ」

 

と、心のどこかで悩んでいる人はいませんか?

 

ぼくも、そんな悩みを抱えている人間のひとりでした。

しんどい思いはしたくない、もっと楽に働きたいし、その方法が知りたい。

その結果、ダラダラして時間だけが過ぎて、自己嫌悪に…。

 

悪循環を生んでしまい、ハリのない時間を過ごしていた経験があります。

 

楽に仕事がしたい、プライベートも楽しみたい、でも疲れたくない。

そんな悩みを抱えていたぼくですが、今では悩みから解放され、仕事もプライベートも自分らしく楽しむことができています。

 

なぜぼくが、悩みから解放されたのか。

それは、以下の3つのことを経験により学んだからです。

 

  1. メリハリを付けた生活を意識すれば、不思議と楽になる
  2. 仕事の効率を上げてプライベートを充実させれば、余裕が生まれる
  3. やり残しのモヤモヤをなくし、心を楽にする

 

この3つです。

この3つのことを抑えておけば、仕事やプライベートを充実させたいあなたも、楽に自分らしく過ごせる生活を手に入れることができるでしょう。

結果的に「仕事で楽をしたい」「プライベートも充実させたい」という悩みは、限りなく減らせると思います。

 

今回の記事は、

 

  • 日々が「しんどいな」と思っている
  • もっと「楽になる」考え方や方法が知りたい

 

上記のような人に、特に読んで欲しい内容です。

では、これから解決策となる3つのことを説明していきます。

 

 

この記事を書いた人

おんど
2018年にフリーランスとして独立。
WEBライター業をメインに、自身のコーヒーブログも毎日更新しています。 
フリーランス兼ひとり娘を育てる主夫としても、毎日奮闘中です。 
WEBライター/ブロガー/アフィリエイター/出張コーヒー屋さん/主夫など、幅広く活動させていただいています。
⇩ブログ等のリンクは記事の下にあります⇩

 

スポンサードリンク




メリハリを付けた生活を意識すれば、不思議と楽になる

仕事とプライベートを分けて、しっかりメリハリは付けられていますか?

なんとなく仕事をし、なんとなく休むというのは、とても効率が悪いです。

 

全力で仕事をし、全力で遊ぶように心がけてみてください。

 

「全力を尽くすと疲れる」という意見もあるかと思います。

でも実は、ダラダラしてしまうほうが、疲れてしまうものなのですよ。

 

気持ちをハッキリさせることで、心も体も疲れにくいルーティンを作ることができます。

 

ダラダラを捨てよう。本気で遊び、本気で仕事をする

仕事には本気になっているけれど、遊びには本気を出していない。

こんな人って、意外と多いと思うんです。

 

でも、仕事をより効率的にしたいのであれば、遊びにも本気になるべきです。

 

それは、良いメリハリを生むから。

遊びに本気になっていると、仕事のことを一旦忘れて、リフレッシュすることができます。

結果的に、仕事に良い作用が生まれ、好循環が期待できるでしょう。

 

仕事か遊び、どっちかだけ本気を出しているという人は、ぜひ両方とも充実させるようにしてみてください。

 

スポンサーリンク

仕事の効率を上げてプライベートを充実させれば、余裕が生まれる

あなたの生活に、余裕はありますか?

「余裕なんてない」という人がほとんどだと思います。

 

でも、世の中には「良い余裕のなさ」と「悪い余裕のなさ」があります。

 

「良い余裕のなさ」は、仕事もプライベートも充実している状態。

「悪い余裕のなさ」は、仕事もプライベートも追われている状態。

 

追われて余裕がない状態を抜け出すためには、仕事もプライベートも全力で取り組む必要があります。

 

公私の余裕は大事。体力は温存せず、全力を尽くしてゆとりを作ろう

「良い余裕のなさ」の状態でも、確かに時間的な余裕は少ないかもしれません。

でも「心の余裕」は保たれるはず。

 

心に余裕があれば「つらい」という気持ちは自然と和らいでいきますよね。

 

余裕を生みたいからといって、体力を温存する必要はありません。

むしろ体力は使い切りましょう。

そうすることで、心の余裕を生み出すことができます。

 

仕事もプライベートも全力を尽くして、心の余裕を手に入れる工夫をしてみてください。

 

スポンサーリンク

やり残しのモヤモヤをなくし、心を楽にする

やりかけの仕事、返せていない連絡。

これらは「やり残し」です。

 

そのせいで、追い詰められた心境になってしまい、心の余裕がなくなってしまいます。

 

余裕を持つためには、中途半端なやり残しから卒業しましょう。

そのために、仕事もプライベートも全力を尽くすことをおすすめします。

 

やり残しがないだけで、心はとてもスッキリし、目の前のことに集中できるようになるでしょう。

 

中途半端はダメージを生む。ちゃんと「やり切る」努力をしよう

中途半端は、心にダメージが蓄積されます。

いつもモヤモヤがまとわりついているような、安心できない心境が続くからです。

 

その気持ちは、仕事にもプライベートにも悪影響を及ぼします。

 

例えば、仕事でのやり残しがあるまま、週末を迎えてしまうとしましょう。

その状態で、休日を思いっきり遊べますか?

ほとんどの人は、なんとなく嫌な気持ちが残ったまま、週末を過ごすことになると思います。

 

仕事のモヤモヤはプライベートに悪影響を及ぼすので、解消するように心がけてみてください。

解消するために、全力で仕事をし、週末は仕事を忘れて全力で遊ぶようにしていきましょう。

 

まとめ

上記の3つのことを抑えておけば、仕事も遊びも全力を尽くし、人生を楽にしていくことができると思います。

今一度、仕事や生活で手を抜いていることがないか、振り返ってみてください。

 

特に「人生は楽に生きたい」と思っている人にこそ、この考え方を身に付けて欲しいと思っています。

ぼく自身、ダラダラしている時よりも、全力を尽くしている今のほうが充実し、良いサイクルを生み出すことができました。

 

下記の本などは、人生の無駄をなくすために役立つ本です。

モチベーション高く、どんどん良い風に人生を変えていきましょう。

 

おんど
楽に生きるためには、全力で。矛盾しているようですが、一度習慣になれば、全然難しくありませんよ^^

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事