父親が嫌いなのは人生の損。仲良くして気づいた3つのメリット
2704056 / Pixabay
スポンサーリンク

これは、いつからか父親との関係性が悪くなってしまい、損をしていたぼくの人生経験を記事にしたものです。

 

  • 父親とどう接していいか分からない
  • 父親のことを嫌いになりかけている

 

このように思っている人に、この記事を読んで欲しいです。

特に、忙しくて父親と向き合う時間が減ってきているという人には、非常に参考になると思います。

 

ぼくのこの人生経験は、

 

  • 父親との関係を良くしたい
  • 父親と何を喋っていいのか分からない

 

と思い始めた人の悩みを解決するのに役立つはずです。

今あなたが父親との関係性に悩んでいるのであれば、仲良くすることで得られる学びがあると思います。

 

この人生経験から得られる学びや気付き
  • 父親の趣味を深掘りすると、人生経験が増える
  • 仕事の悩みを打ち明けると、人生が楽になる
  • 自分の夢を聞いてもらうと、モチベーションが上がる

     

    まずはぼくの人生経験から、話していきたいと思います。

     

    この記事を書いた人

    おんど
    2018年にフリーランスとして独立。
    WEBライター業をメインに、自身のコーヒーブログも毎日更新しています。 
    フリーランス兼ひとり娘を育てる主夫としても、毎日奮闘中です。 
    WEBライター/ブロガー/アフィリエイター/出張コーヒー屋さん/主夫など、幅広く活動させていただいています。
    ⇩ブログ等のリンクは記事の下にあります⇩

     

    スポンサードリンク




    父親との関係性に悩んでしまった経験談

    ぼくは、20代後半の頃、ある出来事がきっかけで父親との関係性を見つめ直すようになりました。

    それまでのぼくは、かなり自由奔放に生きてきたと思います。

     

    自由に育ててくれた父親

    ぼくはごく普通の家庭に生まれ、人並みに不満はあるものの、基本的には伸び伸びと育ててもらいました。

    今になって思うことですが、自由に育ててもらったことにとても感謝しています。

     

    • 習い事を自由にさせてくれた
    • 県外の大学へ送り出してくれた

     

    小学生の頃はサッカーを習わせてくれ、塾が嫌いと言えば辞めさせてくれました。

    また実家から離れた大学に通わせてくれなければ、今のぼくの生活はありません。

     

    ただ、当時のぼくはそんなことに感謝しないまま生きていました。

    10代の後半から約10年間は、割とわがままに過ごさせてもらったと思います。

     

    おんど
    歳を取ってから分かる親のありがたみ。

     

    大学進学後、連絡をするのが億劫に

    大学進学のため、10代で実家を離れてひとり暮らしを始めました。

    憧れのキャンパスライフは楽しく、勉強もそこそこにサークル活動に打ち込みます。

     

    • サークルやアルバイトが忙しく、親に連絡をしない
    • お金や時間をケチって、実家になかなか帰らない

     

    正直に言うと、親のすねをかじって生活していました。

    今考えると恥ずかしく、生意気な子どもだったと思います。

     

    親の気持ちなんて考えもしないまま、ろくに連絡もせずに大学生活を謳歌していました。

    ひどい時は電話に出ないときもあったので、心配していたことも多かったと思います。

     

    おんど
    毎日を楽しく過ごすことに必死で、親のことなんて考えていませんでした。

     

    就職後は自分のことで精一杯

    そんな心配ばかりかけるバカ息子のぼくですが、なんとか無事に就職することができました。

    誇れるような会社ではありませんでしたが、親は少し安心してくれたようです。

     

    特に父親は、熱心に励ましやアドバイスをくれていたことを覚えています。

    しかし、またしても生意気なぼくは、父親の助言をうっとおしく感じてしまっていました。

     

    • もう大人なんだから、言われなくても分かっている
    • 自分には自分の思い描くキャリアがある

     

    言葉を選ばずに書くと「口出しするな」と考えていました。

    社会人になりたてのくせに、人生の大先輩である父親の意見を無視してしまいます。

     

    この頃から、父親に対してどういうスタンスで向き合えば良いのか、徐々に分からなくなってきました。

    仕事に疲弊することも多く、何を喋っていいかもわからなかったため、少なかった連絡がさらに減っていきます。

     

    おんど
    仕事で辛いことがあっても、今さら甘えたりアドバイスを求めるのは恥ずかしい…。

     

    父親との接し方を見直すようになる

    サラリーマンとして、人並みに忙しい毎日を過ごしていたぼくですが、とある出来事がきっかけで父親との向き合い方を真剣に考えるようになります。

     

    社会人になって数年後のある日、父親が病気で倒れてしまいます。

     

    とても大きな病気で、一時は命の危険さえありました。

    無事一命は取り留めたのですが、この頃からぼくは、父親との付き合い方に真剣に向き合うようになります。

     

    • 今の自分があるのは両親のおかげ
    • 感謝する気持ちがこれまで皆無だった

     

    この頃は、反省と後悔が一気に押し寄せてくるような時期でした。

    同時に、これからは両親のことを大事にしなければいけないと強く思うようになります。

     

    そして、父親との会話を繰り返していくことで、他の人との会話では得られないような「学びや気づき」を得ることができました。

     

    おんど
    万が一の事態にはならなかったものの、自分自身の態度を見つめ直すきっかけになりました。

     

    スポンサーリンク

    父親と仲良くすることで気づいた3つのメリット

    では、前述したぼくの人生経験から得た「学びや気付き」をお伝えしたいと思います。

     

    • 父親の趣味を深掘りすると、人生経験が増える
    • 仕事の悩みを打ち明けると、人生が楽になる
    • 自分の夢を聞いてもらうと、モチベーションが上がる

     

    こちらの3つの会話です。

    ひとつひとつ、解説していきます。

     

    父親の趣味を深掘りすると、人生経験が増える

    あなたのお父さんの趣味のこと、把握してますか?

    長く続けている趣味がある場合は、その話を深掘りして聞いてみましょう。

     

    特に趣味がないという場合は、少しでも興味がありそうな内容で構いません。

     

    スポーツ観戦や仕事のこと、お酒や好きな食べ物のこと。

    ここで大切なのは、内容うんぬんよりも、お父さんのことを知ろうという行動です。

     

    お父さんが興味を持っていることや趣味の話を聞けたら、ひとつ人生経験が増えます。

    その人生経験は、自分事のように考えるようにしましょう。

     

     

    友達や先輩の趣味の話を聞くことはあると思います。

    また、上司の話を「聞かされる」こともあるでしょう。

     

     

    でも自分のお父さんの話なら「歳が離れた人の話」を「軽い気持ち」で聞くことができます。

    人生経験や知識を簡単に増やす方法です。

     

    仕事の悩みを打ち明けると、人生が楽になる

    あなたのお父さんは、人生の先輩です。

    自分にはない経験や、つらいと思っている出来事は、お父さんも経験済みかもしれません。

     

    あなたを育てるために、きっとつらい経験を乗り越えて仕事をこなしてきたはずです。

     

    仕事での些細な出来事や悩み、辛いことは、文字通り「親身になって」答えてくれるでしょう。

    悩んでいる子どもの相談を、ないがしろにする親はいません。

     

    歳の離れた親子だからこそ、仕事の悩みを相談してみてください。

     

    上司や先輩とは違った視点かつ「あなたのことを本当に考えた上でのアドバイス」がもらえるかもしれません。

     

    自分の夢を聞いてもらうと、モチベーションが上がる

    あなたには将来の夢や目標はありますか?

    その夢、お父さんに話してみましょう。

     

    漠然とした夢でも構いません。

    もしかしたら、その夢に反対されたり、鼻で笑われてしまう可能性もあるので緊張するかもしれませんね。

     

    しかし、子どもが夢や目標を持って生きているということ、お父さんが知らないのは悲しいと思いませんか?

     

    もしかしたら、お父さんにも夢があるかも。

    定年後にやりたいこと、おじいちゃんになったらやりたいこと、お父さんから聞けるかもしれません。

     

    夢を語り合ったり、応援してもらったり、アドバイスをしたりされたり。

    こういった行動は、単純にモチベーションのアップに繋がります。

     

    人間は過去の話をするよりも、未来の話をしているときのほうがワクワクするものです。

     

    スポンサーリンク

    まとめ

    いかがでしたか?

    ぼくの人生経験から得られる「学びや気付き」は以下の3つです。

     

      • 父親の趣味を深掘りすると、人生経験が増える
      • 仕事の悩みを打ち明けると、人生が楽になる
      • 自分の夢を聞いてもらうと、モチベーションが上がる

       

      「最近、父親との関係がなんだか気まずい」

       

      そう思っている人は、人生を豊かにするために、ぼくの人生経験から得た学びや気づきを参考にしてみてください。

       

       

      Twitterでフォローしよう

      おすすめの記事