太陽
スポンサーリンク

この記事は、20代前半からハードな日焼けを繰り返していたら、アラサーになった最近治りが遅くなった経験で執筆します。

  • 歳を重ねても変わらず綺麗な肌でいたい
  • ずっと変わらずアウトドアを続けていきたい

     

    このように、歳を重ねることによる肌をはじめとした体調面の変化を心配をしている20代前半の男性に向けて記事を書きます。

    特に、今は肌が割と綺麗だから、男は日焼け対策なんて必要ないと思っている方に読んでいただきたい記事です。

     

    僕の人生経験は

    • 20代前半でやっておくべき肌ケアとかある?
    • 男でも肌ケアって必要なのかな?

     

    このような心配を解決するのに役立ちます。

    もし、あなたがずっと変わらず若く見られたいのであれば、20代前半から肌ケアをしておいたほうがいい理由が分かるはず。

    この人生経験から得られる学びや気付き
    • 20代前半は肌ケアが不要に見えるだけ
    • 肌を綺麗にするためにやることは男女関係なく誰でも同じ
    • 日焼け止めは体質に合ったものを使おう

     

    それでは、僕の経験談からお話ししていきます。

    この記事を書いた人

    じゃこ
    じゃこ
    2019年、仕事を辞めて旅に出ました。 
    旅と自然と音楽を愛する20代男。 
    有名大学入学までは順調に人生を歩んでいました。
    しかし、19歳のときガンで1年入院。無事復帰して大学院入学、超有名企業入社といわゆる「エリートコース」を歩むが、自分の時間を作るため退職。
    「行動しながら考える」をモットーに毎日楽しく生きています。 
    海外ではバイクで田舎をぶんぶん走るのが好き。
    ⇩ブログ等のリンクは記事の下にあります⇩

    スポンサードリンク




    男の日焼け対策を軽視していたら、アラサーで肌トラブルが出ました

    日焼け

    僕は旅行が趣味で、よく海外に行ってバイクに乗ります。

    最初は、日焼け止めを塗って日焼け対策も完璧だった

    僕は海外旅行でも、現地でバイクを借りて走るのが趣味。

    これまで数え切れないくらいバイクを借りて現地を走ってきました。

    アメリカの北部などはまだマシなのですが、マレーシアあたりの東南アジアでは非常に日光が強いです。

    僕は肌があまり強くないのもあって、当初は日焼け止めをしっかり塗っていました。

    じゃこ
    太陽キツイな!
    面倒だけど、日焼け止め塗るか・・・

    荷物を減らしたくて、日焼け止めを持ち歩かなくなった

    僕の旅行方法はバックパックを背負って宿を転々とするスタイル。

    そうなると、気になってくるのは荷物の量・重さです。

    1gでも荷物を減らしたくて、日焼け止めも持ち歩かなくなっていきました。

    つまり、日焼け対策はゼロ。

     

    ただ、20代の前半の頃は日焼け対策なんてしなくても、しばらく経てば元どおりの綺麗目な肌に戻りました。

    じゃこ
    何も塗らなくても意外とイケるな。
    荷物から出しちゃおう。
    男だし、多少日焼けしてるくらいがカッコイイ!

     

    アラサー男になった今、日焼け肌の治りが遅いことに気が付いた

    日焼け止めを塗らなくなっても、相変わらず外で遊びまくっています。

    ちょうど先日、ラオスでバイクに乗ってハードな日焼けをしました。
    そこでひとつ気が付いたことがあります。

     

    じゃこ
    あれ、日焼け治らない。
    いつもならもう治ってるはずなのに。

     

    20代も後半になって、初めて日焼けの治りの遅さを実感したのです。

    そして治っても、一部跡が残るようになりました。

    今は日焼け止めを塗って綺麗な肌を維持しているが、ケアを怠ったツケは取り返せない

    一部残った跡も時間とともに消えましたが、次も消えてくれるとは限りません。

    不安になって色々調べたら「女性、男性関係なく30代になると20代の頃にケアしなかったツケが回ってくる」とありました。

    恐怖を感じて僕は日焼け止めをしっかり塗ってケアを再開し、今では紫外線対策もしっかりできています。

     

    しかし、対策もせず日焼けしまくった時期のツケを取り返すことはできません。

    僕にできることは、これから先の紫外線対策だけなのです。

    じゃこ
    日焼け止めくらい1分で塗れるのになあ。
    やっとけばよかった。
    スポンサーリンク

    肌ケアを怠って、肌にツケが回ってきた僕の3つの学び

    日焼け

    僕の人生経験から得られた「学び・気づき」をまとめます。

      • 20代前半は肌ケアが不要に見えるだけ
      • 肌ケアのためにやることは男女関係なく誰でも同じ
      • 日焼け止めは体質に合ったものを使おう

       

      解説していきます。

      20代前半は肌ケアが不要に見えるだけ

      20代前半は肌ケアが不要に見えるだけです。

      特に男性は、学生の頃の部活でも日焼け止めなんて使わない人が多数ですよね。
      その感覚のまま現在まで生きている方も大勢いるはず。

      事実、僕も日焼け止めは重要視していなかったです。

      日焼け止めは女性が使うものなんて思っている人もいるかもしれない・・・。

       

      下のグラフは日本の紫外線の強さのグラフです。

      uv

      出典:気象庁

       

      このように、日本の紫外線量は昔と比較して右肩上がりです。

      女性に限らず、男性も日焼け止めをはじめとした肌ケアをオススメします。

      アラサーであれっ?って思うことが出てくる

      僕は28歳になって初めて、あれ?って思うことが出てきました。

      日焼けの治りが遅くなったのです。

       

      「女性、男性関係なく30代になると20代の頃に肌ケアしなかったツケが回ってくる」という言葉を見ると、28歳の僕はそろそろツケが回ってきてもいい時期。

      今では必要性を感じて日焼け止めを塗っていますが、今までケアしなかった事実は消すことができないなあと実感しています。

      肌を綺麗にするためにやることは男女関係なく誰でも同じ

      日焼け止めについて話してきましたが、肌ケアの内容は結局、男女関係なく同じです。

      1. (クレンジング)
      2. 洗顔
      3. 化粧水
      4. 美容液
      5. 乳液
      6. クリーム
      7. 日焼け止め

      クレンジングはお化粧をする女性のみですが、他の6つは男女共通しているでしょう(肌の体質にもよりますが)。

      男性だと、洗顔しかやっていない人も多いはず。確実に差が出るので、しっかりケアしていきましょう!

      じゃこ
      多分、どのサイトを見ても同じことを言っているはず。
      正直これら以外やりようがないってことです。

      高級な化粧水などは使う必要はない

      巷には1本何万円もする美容液や化粧水などもありますが、必要ありませんよ。

      「高級=性能が良くて肌が綺麗になる」というわけではありません。

      例えば、100均のDAISOの美容液はものすごく評価が高いです(参考:Oggi.jp)。
      美容液だけではなく、他の化粧水等も性能が高いと評判。

      日焼け止め以外は結局、水分を肌に浸透させたり保持したりするためだけなので、高級品は必要ないんですね。

      男用の化粧品も最近売っている

      実は、男用の化粧品などもよく販売されています。

      まだまだ数は少ないですが、肌トラブルを隠すコンシーラーなど、Amazonに売っているのでチェックしてみてはいかがでしょうか?

      じゃこ
      まだマイナーなのか、実店舗ではあんまり見ない。気がする。

      日焼け止めは体質に合ったものを使おう

      先ほど紹介した肌に大切なケアのうち、日焼け止めだけは「肌に悪いもの」を塗っています。

      紫外線から肌を守る代わりに、化学物質を肌に塗っているわけですからね。

      なので、日焼け止めは体質に合ったものを使うことをオススメします。

       

      日焼け止めには大きく分けて以下の2種類あります。特徴とともに紹介しますね。

      紫外線を防ぐ効果 肌への負担
      紫外線吸収剤入り 大きい 大きい
      ノンケミカル
      (紫外線吸収剤なし)
      小さい 小さい

      どちらが優れているとかはないので、自分にあった方を使ってください。

      僕はアトピー体質で肌が弱いため、ノンケミカルのものを使用しています。

      印象やモテを気にしてちょい焼きにしたいなら、サンオイルを使おう

      男性では、むしろ多少日焼けしたい人もいるはず。

      そんな方はサンオイルを使いましょう。

      紫外線には日焼けする作用のUV-Aと火傷する作用のUV-Bがあり、日焼け止めは両方、サンオイルはUV-Bだけをカットします。

       

      日焼け止めもサンオイルも使わないと、UV-Bをまともに受けることになって肌の奥深くにダメージを残してしまいますよ!

      スポンサーリンク

      まとめ:肌を綺麗にしたい男は、肌ケアが必須です

      日焼け

      僕の人生経験から得られることは以下の3つ。

      • 20代前半は肌ケアが不要に見えるだけ
      • 肌ケアのためにやることは男女関係なく誰でも同じ
      • 日焼け止めは体質に合ったものを使おう

       

      いつまでも変わらず外で遊んでいたい方。

      男でも日頃からの肌ケアが将来を左右するので、僕の人生経験を参考にしてください!

      Twitterでフォローしよう

      おすすめの記事