「何もしない」時間を作ろう。眠り方がわからない人に「寝るためのコツ」を3つ教えます
tookapic / Pixabay
スポンサーリンク

「疲れているのに不安が原因で、眠り方がわからない」

「早く寝たいのに、心が騒ついて眠り方が分からない」

 

と、眠り方がわからないと悩んでいる人はいませんか?

 

実はぼくも、このタイプの人間。

頭も体も疲れているはずなのに眠り方がわからない、忙しい毎日なのにまともな睡眠時間が取れない…。

睡眠不足のまま、仕事に行った回数は数えきれません。

 

日中は眠気のせいでミスを連発、集中力も散漫で、上司や同僚、先輩からも呆れられたことがあります。

 

疲れているのに眠り方がわからない、不安な気持ちで夜を過ごしている。

そんな健康に関する悩みを抱えていたぼくですが、今では悩みから解放され、気持ちよく眠りにつくことができるようになりました。

 

なぜぼくが悩みから解放されたのか。

それは、以下の3つのことを経験により学んだからです。

 

  1. やるべきことはその日のうちに。やり残しは不安の原因
  2. 準備は限りなく万端に。不安要素は全部潰す
  3. 寝る前は徹底的にサボる。休む努力をしよう

 

この3つです。

 

この3つを抑えておけば、睡眠不足が続くあなたも、夜に「眠り方がわからない」という不満を解消できるようになると思います。

結果的に、仕事でのミスが減り、良いパフォーマンスで働けるようになるでしょう。

 

今回の記事は、

 

  • 仕事やプライベートの予定がびっしり詰まっていて不安
  • もっと頑張らないといけないと思っていて不安

 

上記のような人には、特にチェックして欲しい内容です。

では、これから解決策となる3つの情報を説明していきます。

 

 

この記事を書いた人

おんど
2018年にフリーランスとして独立。
WEBライター業をメインに、自身のコーヒーブログも毎日更新しています。 
フリーランス兼ひとり娘を育てる主夫としても、毎日奮闘中です。 
WEBライター/ブロガー/アフィリエイター/出張コーヒー屋さん/主夫など、幅広く活動させていただいています。
⇩ブログ等のリンクは記事の下にあります⇩

 

スポンサードリンク




1. やるべきことはその日のうちに。やり残しは不安の原因

1日の終わりに、やるべきことが残っていると、当然スッキリしません。

何かモヤモヤが残っていると、眠り方がわからないと悩んでしまいます。

 

単純なコツですが「やるべきことは完璧に終わらせておく」これが「眠り方がわからない」を治すコツです。

 

眠いのに眠れない。次の日に持ち越すと、寝る前までそのことがよぎる

「めんどうだから明日でいいか…」

「明日のことができてないけど、もう疲れた…」

 

このように、やるべきことを明日に回していませんか?

これは、眠り方がわからない大きな原因。

 

寝る前の気持ちの理想は「やるべきことを全部やりきった」という達成感です。

 

やるべきことが残っていると、達成感よりも不安が勝ってしまいます。

結果的に「眠り方がわからない」となってしまうでしょう。

「明日ことを完璧にしておく」「達成感を満たす」これを実行するだけで、意外と眠りやすくなりますよ。

 

スポンサーリンク

2. 準備は限りなく万端に。不安要素は全部潰す

仕事や遊びなどの予定は、事前の対策が命。

逆に言えば、準備さえしていれば、後は当日を迎えるだけ。

 

限りなく万全な体制にしておくことで、不安要素を減らし、寝る前に「満足感」を得られるようになります。

 

「満足感」は「眠り方がわからない」を治すコツです。

 

完璧な準備は、満足感を生む。眠れないまま朝になることも

例えば「当日の朝に慌てて身支度をする」のと「前日に完璧に計画をしておく」のを比べてみると。

間違いなく後者のほうが心にゆとりが出ると思います。

 

簡単に想像できる状況ですが、意外にもこれが実行できる人が少ないです。

「朝起きたら慌てて身支度をしないといけない」という不安は、寝る前に襲いかかってきます。

 

その気持ちのせいで、眠り方がわからないとなったり、焦ってしまうものです。

「少しでも余裕を持つこと」これが、眠るためのコツです。

 

「これだけ準備した!」という自己肯定感で眠りが浅いことなく気持ちよく休める

完璧に身支度をしておけば、自信に繋がります。

その自信のおかげで「自己肯定感」が高まり、良い心理状態を維持できるのです。

 

「明日のことは明日、という自分」と「完璧に用意している自分」、どちらが前向きでしょうか?

間違いなく後者ですよね。

前者だと、結局「眠り方がわからない」と不安なままベッドに入ってしまいます。

 

用意を万全にして、前向きな自分を維持できれば、寝る前に不安を感じることが減ります。

自信がつき、さらに不安を減らせられるので「準備万端=質の良い睡眠」と言っても過言ではありません。

 

スポンサーリンク

3. 寝る前は徹底的にサボる。休む努力をしよう

前述したように「やるべきこと」や「準備」を完璧にしたら眠れる、と言いましたが、寝る前まで作業をするのは注意が必要です。

 

「眠り方がわからない」を解消するコツは「寝る前は徹底的にサボる」ことです。

テレビを見たり、読書をしたり、音楽を聴いたり…なんでも構わないので、リラックスに努めましょう。

 

何もしないのは、案外難しい。眠れない夜の過ごし方

日頃から忙しい生活を送っているビジネスマンにとって「寝る前に何もしない」のは、案外難しいことです。

準備ややるべきことを終わらせていくと「いつの間にか時間が経っていた」という経験はあると思います。

 

なので、帰宅してからの行動を意識していないと、寝る前にサボれません。

 

帰宅したらやるべきことは、計画的にこなしていくようにしましょう。

 

本気でサボるのが、深い眠りにつく方法

本気でサボるためには、それまでの時間をダラダラ過ごしていると不可能です。

眠りやすくするためには「帰宅後のダラダラは、寝る前に集中させる」ことに注力しましょう。

 

寝る前に本気でサボるために、それまでは頑張って準備ややるべきことを片付ける。

このルーティンが習慣化すれば「眠り方がわからない」という不安を減らせます。

 

眠れないストレスを緩和。寝れない時に寝る方法

「眠り方がわからない」と、眠れないストレスをずっと抱えてしまいます。

前述した方法は根本的な解決方法ですが、それでも寝れない時は、以下の方法を試してみてください。

 

  1. 電子機器を遠ざける
  2. ベッドから出てみる
  3. 寝る前にヨガをしてみる
  4. すくなくとも週に数回は運動を
  5. テレビの見すぎは避ける
  6. 寝る前のルーティーンを作ってみよう
  7. 暗算をしてみる
  8. 安心して眠れる寝室を作る
  9. かかりつけの医師にメラトニンについて相談してみよう
  10. 睡眠のスケジュールを守る
  11. トリプトファンが豊富な軽食を食べる
  12. マグネシウムが豊富な食べ物をもっと食べる
  13. ペットと一緒に寝る(ベッドの中ではなく)
  14. 耳栓を使ってみる
  15. カモミールティーを飲んでみる

 

以上の方法は、コチラの記事から抜粋しています。

眠り方がわからないと悩んでいる人は、普段の生活を少し変えてみたり、ベッドの中での過ごし方を工夫してみてください。

 

まとめ

上記3つのことを抑えておけば、疲れているのに眠り方がわからない、不安があって眠れない、という悩みの解決に役立つと思います。

今一度、生活リズムを見つめ直し、寝る前に不安を感じることがないように改善していきましょう。

ただし、症状が重い場合はその他の病気や障害、不眠症を疑って病院に行ってみてください。

 

眠れない人にとって、この問題はかなりデリケートだと思います。

ぼく自身、付け焼き刃の知識だけでは、不安な気持ちを解消することはできませんでした。

 

そんな時は、本を読んで知識を付けると、自信に繋がります。

説得力のある本で知識を増やし、より良い眠りを目指して「眠り方がわからない」生活を改善していきましょう。

 

おんど
眠れないと悩んだら、すぐに対策をするべき。癖になってしまうと、なかなか治らないですからね^^;

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事