夢の同棲生活はこうすれば実現可能。彼女の両親への挨拶に成功した3つの経験談
Pexels / Pixabay
スポンサーリンク

これは同棲をする際に、相手の両親に挨拶に行って成功した人生経験を記事にしたものです。

 

  • 恋愛中の彼女と同棲がしたいから、両親に挨拶したい
  • 女性と同棲をする前の挨拶ってどうすれば良い?

 

このように思っている人は「相手の女性と結婚を前提とした同棲生活を送るために」両親への挨拶としてぜひ参考に欲しいと思います。

特に、彼女と今後結婚したいと考えている人にとって、彼女の両親への挨拶はマストです。

 

ぼくが結婚を意識して同棲の挨拶をした経験は、

 

  • 両親への挨拶を絶対に成功させたい
  • 結婚のためにも、挨拶を成功させて同棲をスタートさせたい

 

と、考えている人が両親への挨拶に対する不安解消に役立つと思います。

今彼女との同棲や結婚を夢見ている人は、ご両親への挨拶を成功させる学びを得られるでしょう。

 

この人生経験から得られる学びや気づき
  • 挨拶前に両親の性格を猛リサーチ!彼女に聞きまくる
  • 話し合いは大事!今後の2人の予定は挨拶前に打ち合わせ
  • 清潔感を重視!挨拶のときは無理に取り繕う必要はない

     

    まずは、ぼくが彼女の両親に挨拶に行った経験談からご紹介していきます。

     

    この記事を書いた人

    おんど
    2018年にフリーランスとして独立。
    WEBライター業をメインに、自身のコーヒーブログも毎日更新しています。 
    フリーランス兼ひとり娘を育てる主夫としても、毎日奮闘中です。 
    WEBライター/ブロガー/アフィリエイター/出張コーヒー屋さん/主夫など、幅広く活動させていただいています。
    ⇩ブログ等のリンクは記事の下にあります⇩

     

    スポンサードリンク




    同棲前に彼女の両親に挨拶をしにいって成功した経験談

    ぼくは20代後半の頃に、現在の奥さんと出会い、カップルになりました。

    お互い結婚を意識するのにちょうど良い年代ということもあり、結婚を意識しながらお付き合いをすることとなります。

     

    お互いひとり暮らしだったので同棲をするという話に

    ぼくも彼女もひとり暮らしだったことが、同棲をしようとなったきっかけです。

    お互いがひとり暮らしを続けるよりも、同棲をしたほうが得じゃない?という話になりました。

    割と早い段階から、同棲の話は出ていたと思います。

     

    具体的な同棲の話をしたり、家具を見に行ったりすると、同棲へのモチベーションは自然と上がっていきました。

     

    この時のぼくは、同棲することに対してとても前向きでした。

     

    • 同棲をすれば彼女と毎日会える
    • 経済的にも、時間の余裕も、体力的にもお互いの生活にメリットがある

     

    不動産を見に行ったりして、とても楽しい時期を過ごします。

     

    おんど
    同棲っていう響きだけでテンションが上がる…!

     

    彼女の親はとても厳しかった

    しかし、同棲をするということは、自分たちの意見だけで決めることはできません。

    特に彼女のほうの両親はとても厳しく、ひとり暮らしさえもなかなか許してもらえなかった家庭でした。

     

    同棲というのは理想。

    ですがまずは彼氏として紹介してもらい、挨拶をして現実に向き合わなければいけない。

     

    • 挨拶もなしに自分たちだけで同棲を決めてしまっては、将来の結婚のためにならない
    • 厳しい両親でも、ちゃんと挨拶を仲良くしなければならない

     

    そこで、彼女の両親へ挨拶をしにいくことを決心します。

    挨拶することを決めた自分に対して「小心者の割にはなかなかの行動力だった」と褒めてあげたいです。

     

    おんど
    すでに結婚している男性友達たちに、挨拶の仕方や服装の情報などを聞きまくりました!

     

    同棲をするという報告をしに実家へ

    そして、いよいよ同棲をしたいという報告をするために、初めて彼女の実家へ挨拶に伺うことに。

    簡単な挨拶をすませ、晩ご飯をご馳走になりながら、他愛もない世間話を始めたことを覚えています。

     

    仕事のことやぼくの家族のこと、将来のこと…!

     

    結婚、同棲の話に入るのは、意外にもあっさりでした。

    恥ずかしい話、同棲の挨拶のきっかけを作ってくれたのは、彼女のお母さんです。

     

    おんど
    〇〇さんと同棲をして、将来的には結婚を考えています。

     

    素直に言えてホッとしたのと同時に、緊張が押し寄せてきます。

     

    • ここで両親に同棲や結婚を断られたらなんて言えば良い?
    • ただの挨拶なのに、結婚や同棲いきなり直球すぎたか?

     

    一瞬でいろんなことが頭をよぎります。

     

    結果、見事にオッケーをもらえました。

    むしろ、同棲にも結婚にも応援してくれることに。

     

    厳しい家庭とは聞いていたものの、とても優しいご両親でホッとしたので、挨拶をして良かったと感じました。

     

    しっかり了解をもらえて円満に同棲スタート

    女性の実家での会話の内容は…、挨拶以降正直あまり覚えていません。

    お酒が入っていたこともありますが、挨拶で緊張していたことが大きかったでしょう。

     

    同棲や結婚の許可をもらったとはいえ、会話で嫌われてしまっては挨拶の意味がありません。

    とはいえ、楽しく穏やかに過ごせたことは覚えています。

     

    また、挨拶をして両親から結婚や同棲の了解を得たことで、話が一気に具体的になっていきました。

    「挨拶をして、両親から結婚や同棲の許可を得る」という、課題をクリアできたからです。

     

    • 挨拶をして、同棲や結婚をすることを宣言した
    • 同棲や結婚について、女性の両親からも応援してもらっている

     

    挨拶をしたことで、後には引けない状況になりました。

     

    そのまま同棲の話を一気に進め始め、無事に同棲生活をスタートさせることができました。

     

    おんど
    挨拶以降、ご両親とは今でも仲良くさせてもらってます!

     

    スポンサーリンク

    同棲することに成功した体験から学べる3つのポイント

    では、前述した「挨拶をして同棲と結婚の許しをもらった」経験から得た「学びや気づき」をご紹介します。

     

    • 挨拶前に両親の性格を猛リサーチ!彼女に聞きまくる
    • 話し合いは大事!今後の2人の予定は挨拶前に打ち合わせ
    • 清潔感を重視!挨拶のときは無理に取り繕う必要はない

     

    この3つのポイントを深掘りしていこうと思います。

     

    挨拶前に両親の性格を猛リサーチ!彼女に聞きまくる

    まずは、挨拶前に相手女性の両親の性格や考え方などを、彼女に聞きまくりましょう。

    少しでも共通点があれば、挨拶の場を盛り上げるチャンス。

     

    また挨拶のときは、彼女の両親の考え方に同調することも大事です。

     

    あなたにも自分の考えや意見はあると思いますが、挨拶時は少し我慢。

    彼女の両親は人生の先輩である」ということを理解しておきましょう。

     

    挨拶で結婚や同棲の承諾を得るためには、彼女の両親に認められることが第一条件と考えてください。

    必要以上に媚びを売る必要はありませんが、挨拶によって気に入ってもらえるように振る舞いたいところです。

     

    話し合いは大事!今後の2人の予定は挨拶前に打ち合わせ

    両親に同棲の挨拶をするにあたって、同棲や結婚のプランを彼女と話し合っておきましょう。

    場合によっては、半プロポーズのような展開も考えられます。

     

    つまり、同棲の先にある結婚を前提にしたいという認識を、相手女性と擦り合わせておくべきです。

     

    • 同棲した後どうするのか(結婚)を彼女と話し合う
    • 挨拶時は彼女の両親に、同棲したら結婚するということを報告する

     

    両親に挨拶をして同棲をお願いする際、結婚した2人の姿が想像できないと、両親側も了解しにくいです。

    挨拶の前に、将来どうしたいのか、同棲した後はどうするのか、結婚について彼女と話し合っておいてください。

     

    清潔感を重視!挨拶のときは無理に取り繕う必要はない

    挨拶に行く際の服装ですが、ぼくの場合は清潔感に気をつけました。

    スーツで行くのには堅苦しすぎるかもしれないし、ラフすぎる普段着では挨拶なのに失礼な場合もあるでしょう。

     

    同棲や結婚の挨拶時の服装は、とても迷ってしまうところですが、はっきりした正解はないと思います。

     

    そんなときは彼女から両親に直接「挨拶のとき、服装をどうすれば良いか」聞いてもらっても構わないです。

     

    聞いてもらうという行動は「素直さ」の現れ。

    女性側の両親も、挨拶時の服装を聞いたぐらいでは嫌な印象を持たないと思いますよ。

     

    挨拶をスムーズに進めるために事前準備しておきたいところです。

     

    スポンサーリンク

    両親から同棲を認めてもらうために準備したいこと一覧

    彼女の両親から同棲のOKをもらうためには、事前の準備が必要です。

    計画もなしに挨拶に行って、失敗をしてしまったら、信頼を取り戻すのに時間がかかってしまいます。

     

    しっかり事前準備をして、ぬかりなく挨拶を成功させましょう。

     

    準備と言っても、正式に結婚の挨拶をするわけではないので、気負いすぎなくて大丈夫です。

    ですがせめて、失礼のないように、また会話に困らないようにしておくと、心に余裕が生まれます。

     

    両親から気持ちよく「同棲OK」の返事をもらえるように、事前準備をしっかりしておきましょう。

     

    事前にアポを取って、2週間程度は余裕をもたせる

    「同棲をしよう」という話で彼女と盛り上がったら、すぐに挨拶しに行こうと考えるかもしれません。

    ですが、両親にも予定があるし、心の準備も必要です。

     

    できれば、2週間後ぐらいの余裕を持たせて、両親とアポを取るようにしてください。

     

    もちろん2週間でも短いことがありますので、場合によっては調整しましょう。

    お互いに余裕を持ったスケジュールで、アポを取るのが大事です。

     

    お互いの翌日の予定なども踏まえながら、ゆとりあるアポ取りを心がけてみてください。

     

    両親の家に行って挨拶をするのがベター

    挨拶をする場所ですが、基本的には彼女の両親の家になるかと思います。

    お店を予約するのも良いですが「わざわざ自宅に足を運ぶ」というのも、大事だからです。

     

    少なくとも、両親に御足労をかけるようなことは避けましょう。

     

    ですが両親によっては、自宅よりもお店のほうが良いという場合もあります。

    そのような場合は、両親に合わせて柔軟に対応しましょう。

     

    基本的には自宅に挨拶に行く、ですが両親に合わせるのも大事、というわけです。

     

    清潔感を重視して、TPOをわきまえた服装がおすすめ

    服装は、清潔感が一番大切。

    好きなファッションをするのは諦めて、失礼のない服装を心がけてください。

     

    スーツを着る必要はありませんが、必要に応じてきっちりスーツを着ましょう。

     

    例えば、レストランで食事をする際なら、ジャケットを羽織っておいたほうが良いかもしれません。

    また「両親が厳格な人」あるいは「結婚の挨拶もする」のであれば、スーツ着用のほうが無難でしょう。

    逆に、フランクな格好のほうが場にふさわしいこともあります。

     

    清潔感ある服装を基準として、彼女と相談したり、両親に聞いてもらったりしてみてください。

     

    手土産があれば、会話を手助けしてくれる

    彼女の両親への挨拶のとき、必ずしも手土産は必要ではありません。

    ですが、手土産があれば、会話の手助けにはなります。

     

    例えばお酒好きな両親なら「ちょっと良いお酒を手土産にする」と、会話が弾むきっかけができるでしょう。

     

    また、地元の名産品なども、会話のきっかけになりますね。

    ただでさえ緊張して、会話が途切れがちになるのが、同棲の挨拶です。

     

    会話を手助けしてくれるアイテムとして、手土産を準備しておくのは、ひとつの有効な戦略と言えると思います。

     

    同棲をしたいという話は、序盤にすませる

    挨拶に行く本題は「同棲の許可をもらうこと」です。

    なので、本題は先に済ませるようにしておきましょう。

     

    同棲の許可をもらうために挨拶に行っているのに、本題が登場しないままでは、あなたも彼女も両親もずっと「ソワソワ」してしまいます。

     

    勇気がいるかもしれませんが、挨拶の序盤で、ちゃんと同棲をしたい旨を伝えておきましょう。

    少し会話をして、自分の雰囲気を分かってもらって、これからの彼女との生活について語ってみる。

     

    こんな感じの流れで「同棲をしたい」という本題を話し、早めにクリアしておくと、後の会話もスムーズになるでしょう。

     

    まとめ

    いかがでしたか?

    ぼくの人生経験から得られる「学び」や「気づき」は、以下の通りです。

     

    • 挨拶前に両親の性格を猛リサーチ!彼女に聞きまくる
    • 話し合いは大事!今後の2人の予定は挨拶前に打ち合わせ
    • 清潔感を重視!挨拶のときは無理に取り繕う必要はない

     

    「彼女の両親に同棲の挨拶をしにいくのが不安」

     

    そう考えている人は、ぜひぼくの体験談を参考にしてみてください。

     

     

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事