圧倒的効率!3ヶ月で就活を終わらせた人生経験で得た3つのポイントを紹介
スポンサーリンク
これは大学3回生の時に、就活の軸を先に決めることで、3ヶ月で就活を終わらせた人生経験を記載したものです。
 
対象となる人
  • 就職活動を控えている人
  • 転職を検討している人
  • 就活の対策を検討している人
 
このような人に読んでほしいです。
 
特に、『どんな企業に行くか決めきれていない』人の参考になると思います。
 
この人生経験は
 
  • 就活でまず何をしたら良いかわからない
  • 就活のコツを知りたい
  • 中々就活がうまくいかない
 
など”就活での対策”に関する悩みを解決するのに役立つと思います。
 
この人生経験から得られる学びや気づき
  • 就活の軸を明確にする
  • 合同説明会に行かない
  • エントリーする会社を絞る

この記事を書いた人

ケースケ
千葉を拠点に活動しているエンジニアのケースケです。
2019年からブログをはじめました。
自身で学んでいるIT技術についてメインに書いています
⇩ブログ等のリンクは記事の下にあります⇩

スポンサードリンク




就活の軸を先に決め、3ヶ月で就活を終わらせた人生経験

就活開始前に色々準備をしておく

 
私には就活においては、マイナスになる癖がありました。
それは、”色々なことに興味を持ってしまう”ということです。
少しでも興味がある企業を全て調べていては、いつまで経っても就活は終わりません。
なので最初に対策をすることにしました。
それは、”自分が就活をする上で、譲れない軸を3つに絞る”ことです。
そして、私は以下の3つを軸に企業を選ぶことに決めました。
  • IT業界であること
  • 東京勤務が可能なこと
  • 福利厚生がしっかりしていること(年休120日以上、育休あり など)
そうすることで、就活であれもこれも気になるという状況にならないように対策したのです。
 

ケースケ
飲食もやりたい!
ITも興味あるな~
でもアパレルも楽しそう…

企業選定と就職開始

 
そして、対策をさらに詳細化していきます。
 
最初に決めた軸を元に、企業に求める軸を決めました。
 
  • 開発ができる企業か
  • 従業員3000人以上あるか
  • 平均年収〇〇〇万円以上か
  • 業界内で知名度がある会社か
 
ここまで先に決めて、ようやく私は企業について調べ始めました。
 
そうすると、自分に興味がある企業を、大きく絞り込むことができたのです。
 
後は、実際に企業説明会へ参加したり、ネットで情報を探す活動に入りました。
 

他の就活生との差を実感する

 
あらかじめ企業の軸を決めていた私は、エントリー企業を10社に絞ることができました。
 
業界も絞れているため、エントリーシートの内容も、企業に合わせて修正するだけです。
 
時間的に余裕もできたので、バイトや遊びも、これまでとほとんど変わらず取り組めました。
 
 
しかし、「やりたいことを決めていない」という友人は、30社、50社とエントリーをしていました。
 
その友人は、夜寝る間も惜しんで、エントリーシートの作成や企業研究に追われていました。
 
 
”就活の軸を決める”という対策を、したかしていないかで、これだけ大きく変わることを実感しました。
 

3ヶ月で内々定獲得し、早々に就活を終了!

 
実際に企業を絞って就活を進めていると、実際に面接が始まっていきました。
企業研究にもしっかり時間をかけ、対策がとれていたこともあり、面接も問題なく進められました。
もちろん緊張はあるので、噛んだりしてしまいましたが(笑)
そして、就職活動開始から3か月後の6月時点で、3社から内定をもらうことで、私の就活は終了しました。
 
 
私は他の就活生より、圧倒的に時間もコストもかけずに、就活を終了させることができたのです。
後は、自分がやっていたサークルや、アルバイト、研究室の活動に専念することが出来ました。
 
 
実際に入社した会社も、自分のやりたいことにマッチしていて、不満はありません。
自分に納得した形で、今も働くことができています。
スポンサーリンク

就活の軸を決めることで、3ヶ月で終わらせた経験から得られる学び

では、前述した私の人生経験から得た「学びや気付き」をお伝えしたいと思います。

  • 就職先決定の軸を明確にする
  • 合同説明会に行かない
  • エントリーする会社を絞る 

以上3つです。

1つ1つ解説して行きます。

 

就職先決定の軸を明確にする

 
就活において、自分だけの就活の軸を持つことは必須です。
就活生の多くは、漠然とした軸しか持っていないので、エントリーする企業に迷います。
 
就活をする企業を絞るためにも、”自分なりの就活軸”を持ちましょう。
 
  • 資本金〇億円以上
  • IT業界で首都圏勤務
  • 年休120日以上
 etc..
 
など何でも良いです。
 
自分の軸を持つだけで、企業選びがスムーズになり、自分に合わない企業へのエントリーを防げます。
そうして減らした時間だけ、本来行きたい企業の研究や自己分析に時間を使えるのです。
 

合同説明会に行かない

 
就活シーズンに開催される、説明会は”自分の行きたい業界が決まっていない”人向けの説明会です。
 
そのため、コアな話ではなく、広く浅い情報ばかりとなっていることが多いです。
就活を始める前に、”自分の軸”を決めることで、個別企業研究などよりコアな情報収集に時間を充てることができます。
 

エントリーする企業を絞る

 
就活では「50社エントリーした」など非常に多くの企業にエントリーしている人がいます。
しかし、それは意味がないと考えます。
 
 
企業を絞ることで、以下のようなメリットを得られます。
 
  • 一つの企業について深堀できる
  • 入社後の「こんな企業と思わなかった」という、不一致を回避できる
  • 無駄な企業へのエントリーが無くなり、時間/お金の節約になる
 
など、様々なメリットがあります。
 
無駄なエントリーをやめ、本当に行きたいと思える企業にエントリーしましょう。
 
スポンサーリンク

まとめ

就活は”しっかり準備をし、対策を打つ”ことが大切です!
 
そうは言っても、まだ就活の軸も持っていないし、対策もないという方も多いでしょう。
 
そういう方は、今のうちからインターンに行ってみたり、世の中の仕事について調べてみてください。
 
調べているうちに、興味を持つ業界がわかったり、やってみたいことが出てくることがありますよ。
 
そうして深堀をしているうちに、本当に自分がやりたいことを見つけ、就活対策をすることが出来ます!
 
この記事を参考に、対策を用意し、無駄のない・意味のある就活をしていただけたらと思います。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事