10万円以上の節約。オプション後付けで車を最安値で買った僕の3つの学び
mirellylp / Pixabay
スポンサーリンク

この記事では、車のオプションを全て後付けしたら、十数万円ほど節約できた経験で執筆します。

  • 車を買うつもりだけど、やっぱり高いなー
  • 車の本体はともかく、オプションが高い!

 

このように、車を買うつもりだけど、価格が高いのが気になる方に向けて記事を書きます。

特に、購入する車種自体は決まっているけど、オプションに迷っている方に読んでいただきたい記事です。

 

僕の人生経験は

  • いらないオプションは無しにして節約したい
  • でも、後からやっぱり必要になったらどうしよう

 

こんな悩みを解決するのに役立ちます。

もしあなたが安く車を買いたいのなら、最も賢く安上がりに購入する方法が分かるはず。

この人生経験から得られる学びや気付き
  • 車のオプションをつけるのは思った以上に簡単
  • 知識を身につけると損しなくなる
  • 知識に手間をプラスするとお金になる

それでは、僕の経験談からお話しします。

この記事を書いた人

じゃこ
じゃこ
2019年、仕事を辞めて旅に出ました。 
旅と自然と音楽を愛する20代男。 
有名大学入学までは順調に人生を歩んでいました。
しかし、19歳のときガンで1年入院。無事復帰して大学院入学、超有名企業入社といわゆる「エリートコース」を歩むが、自分の時間を作るため退職。
「行動しながら考える」をモットーに毎日楽しく生きています。 
海外ではバイクで田舎をぶんぶん走るのが好き。
⇩ブログ等のリンクは記事の下にあります⇩

スポンサードリンク




車のオプションを後付けしたら、十数万円が節約できた上に知識までつきました

Jimny

僕は数年前、新車でジムニーを購入しました。

今時の新車の値段に驚き、安くしたくて色々調べた

僕の購入したジムニーは、以下の車の旧型です。

ジムニー

出典:suzuki

軽自動車だからそんなに高くないでしょうと、甘くみていた僕。

ナビつけて、ETCつけて・・・などと好きに選んで見積もりを取ってびっくり、200万円近くしたのです。

 

しかしジムニーを諦めたくなかった僕は、どうにか安く購入できる方法を探していました。

中古・新古車など色々調べましたが、最後に行き着いたのは「オプションを全て自分で後付けする」という節約方法です。

じゃこ
高いからジムニーを諦めるという選択は無かったね。
ジムニーを買うお金を捻出するのに頭を使いました!

自分でオプションを後付けすることにしたが、電装品が不安

僕はオプションを全て自分で後付けすることに決めました。

バイザーなどの両面テープでくっつけるだけの物は、なんの不安もありませんでした。

 

ただ、ETC、ナビ、ドライブレコーダーなどの電装品はそうもいかない。

車体のヒューズボックスから電源を取る必要があります。

車をいじくるのに慣れておらず不安でしたが、思い切ってオプションゼロでジムニーの購入に踏み切りました。

じゃこ
特にETCはセットアップもしなきゃいけないし、取り付け失敗したら料金所を通過できません。
一番の不安要素でした・・・

オプションゼロで購入、自力で色々付ける

オプションゼロでジムニーを購入した結果、元々は200万円の見積もりでしたが、160万円で購入できました。

プラス、ETCやドラレコ、バイザーなど5万円分をAmazonで購入したので165万円くらいになりましたが、それでも安上がり。

 

そして、心配だった電装品の取り付けです。

慣れていなかったため、電源が来なかったり、間違った工具を買ってしまったり色々ありました。

しかし、長時間格闘することによって、全て装着完了。

ETCも問題なく作動しました。

結果、十数万円の節約に成功した上に、知識までつきました

大きな金額の節約に成功し、その節約効果とカスタムの楽しさを覚えた僕。

次々にパーツを装着していきます。

  • ウーファー・ツイーター(低音・高音専用のスピーカー)
  • 防振材
  • 後部座席スピーカー

などなど、様々なものを自分一人の力で装着。

 

車を安く買えた上に知識までついて、さらに楽しいなんて、本当にオプションゼロで購入したことは正解だったと感じています。

スポンサーリンク

新車価格をオプション後付けで賢く節約した僕の3つの学び

お金

僕の人生経験から得られた「学び・気づき」をまとめます。

  • 車のオプションを後付けするのは思った以上に簡単
  • 知識を身につけると損しなくなる
  • 知識に手間をプラスするとお金になる

解説していきます。

車のオプションを後付けするのは思った以上に簡単

車のオプションをつけるのって、思った以上に簡単なんです。

バイザーは両面テープで貼るだけだし、マットは置くだけ。

 

電装品ももちろん簡単。

感覚としては、テレビの電源をつけるためにコンセントを刺すのと一緒です。

それが「ヒューズ」などのちょっと聞き慣れない専門用語があるだけなんです。

じゃこ
聞き慣れない言葉があると躊躇しちゃうよね。
でも、言葉を知らないだけでやってることは単純ってパターンがよくあるよ。

知識を身につけると損しなくなる

知識を身につけると、損することがなくなります。

車のオプションがなぜあんなに高いのかというと「取り付け費」がかかっているからです。

例えば、ETCの取り付け費は5,000円くらいで、マットは700円くらい。

ETCはまだしも、マットなんて置くだけで700円取っているんですよ。

 

車屋が利益を出すところって「取り付け費」なんです。

知識がないから「取り付け費」としてお金を取られているわけですね。

 

それだけじゃなく、世の中には知識がないと損することがたくさんあります。

スマホの料金プラン・保険・ローン・・・僕はわざと複雑にしていると思っています。

損しないように、知識をつけましょう!

知識に手間をプラスするとお金になる

僕は今回得た車いじりの知識で、お小遣いを稼ぎました。

  • タイヤ交換
  • スピーカーの取り付け
  • ドライブレコーダーの取り付け

これらの作業を友人の車に行いました。

 

「取り付け費用を取る側」に回ったわけですね。

僕はこの経験で、知識に手間をプラスすると、お金になるということが分かりました。

スポンサーリンク

まとめ

車

僕の人生経験から得られることは以下の3つでした。

  • 車のオプションをつけるのは思った以上に簡単
  • 知識を身につけると損しなくなる
  • 知識に手間をプラスするとお金になる

 

車を買うつもりだけど、価格が高いのが気になるあなた。

ぜひ知識をつけて、損をしないように賢く車を購入してください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事