Tシャツを長く着るには洗濯方法を見直せ?愛着あるTシャツを長く着る方法3つ教えます
Wokandapix / Pixabay
スポンサーリンク

「Tシャツがすぐに古くなる」

「消耗品であるTシャツを長く、うまく着る方法が知りたい」

と、心のどこかで悩んでいる人はいませんか?

 

私も実は、そのうちの一人でした。

学生の時に、持っているTシャツが少なかったことから、同じTシャツを頻繁に着ることですぐにボロボロになってダメにしていました。

そして、新しいTシャツを買っては、短期間でボロボロにしてしまうことを繰り返していた人生経験があります。

 

Tシャツがすぐに古くなる、消耗品であるTシャツを長く着る方法が知りたい。

そんな悩みを抱えていた私ですが、今では悩みから解放され、愛着あるTシャツをアウターのように長期間にわたって着れています。

 

何故、私が悩みから解放されたのか。

それは、以下の3つのことを経験により学んだからです。

    1. Tシャツの着る回数を減らす
    2. Tシャツの見方を変える
    3. Tシャツの洗濯方法を見直す

    この3つです。

     

    この3つをしっかり抑えておけば、Tシャツをすぐに着古してしまう貴方も、長期間に渡ってTシャツを着れるようになります。

    結果的に、「Tシャツがすぐに古くなる」「消耗品であるTシャツを長く、うまく着る方法が知りたい」という悩みは、限りなく減らせることができます。

     

    今回の記事は、

    • Tシャツを長く着れるようになりたい
    • Tシャツを上手く着れる方法が知りたい

    上記のような人には特に読んで欲しい内容です。

    では、これから解決策となる3つのことを説明していきます。

     

    スポンサードリンク




    同じTシャツを着ない方法を知る

    Tシャツの劣化を抑えて長く着れるようにするには、同じTシャツを着ないようにすることが大事です。

    私がお気に入りのTシャツをすぐにダメにしたのは、持っているTシャツが少なく、同じ服を何度も着ていたからです。

     

    ですが、手軽でお気に入りのTシャツを他にも持つようになって、Tシャツの劣化は気にならなくなりました。

     

    れお
    "手軽" で "お気に入り"がポイント!

     

    安くて質の良いこだわりの服を見つける

    手軽でお気に入りとは、「安くて・質が良く・気に入った服」です。

    そして、「安くて・質が良く・気に入った服」が揃った服を見つけるのに使った服屋がこちらです。

    大半のお店が良く見かけるお店です。

     

    今では、値段が手軽なものでも質の良い服が手に入りやすいです。

    そして、値段が手軽ならば複数着もつ事ができます。

    複数着もつと、1着を着る回数は自然と減っていきます。

     

    自分だけがこだわりの服屋を見つけることも「安くて・質が良く・気に入った服」を見つけるうえで大事となります。

     

    スポンサーリンク

    "Tシャツは消耗品"という見方を変える

    多くの方は、Tシャツを消耗品として考えています。

    私も消耗品として考えていました。

    ですが、同じ消耗品のTシャツでも、消耗品という使い方をしないことで1着の服を長く着れるようになります。

     

    つまり、

    • 消耗品として着るTシャツ
    • 消耗品として着ないTシャツ(アウターみたいな感じに)

    に分けるということです。

    この考え方を取り入れることで、1着の服を長期間着れるようになりました。

     

    れお
    "Tシャツは消耗品" という固定観念に捉われないことが大事。

     

    Tシャツを消耗品として考えない

      私は、"消耗品の服を消耗品として捉えない考え方" を値段に分けて区別していました。

      • 五分丈のTシャツが消耗品(1着2,000円以下)
      • 半袖のTシャツが消耗品ではない(1着3,000円〜4,000円)

       

      Tシャツが好きなので、少し値段が良いTシャツを消耗品として扱わずに購入していました。

      「安くて質の良い服(消耗品の服)」は、"五分丈のTシャツ" が当てはまります。

      私の場合、アディダスの服が好きだったので、さらに3種類の着方に分けていました。

       

      つまり、

      • 五分丈のTシャツ(1着2,000円以下)→消耗品
      • 半袖のTシャツ(2,000円以下)→消耗品
      • アディダスの半袖Tシャツ(1着3,000円〜4,000円)→消耗品ではない(特に大事に扱いたい)

       

      Tシャツを長く愛用するなら、初めに紹介した「消耗品の服、消耗品ではない服」という2つに分ける考え方で十分です。

      さらに、大事に扱いたい服がある方は3種類の着方に分けて着てみるといいですよ。

       

      スポンサーリンク

      Tシャツの洗濯方法に工夫を入れる

      消耗品であるTシャツを長く愛用するには、洗濯方法が一番大事です。

      Tシャツの場合、洗濯の回数を重ねるごとに首元のヨレ感や生地の毛羽立ちが出てきます。

      私がTシャツを短期間でダメにしたのも、洗濯方法の工夫をしていなかったからです。

       

      ですが、洗濯の仕方を変えることで、消耗品であるTシャツも長く着れるようになりました。

       

      れお
      服を洗濯機に "そのまま入れない" ことが大事です。

       

      洗濯をする前とした後に工夫を入れる

      私が、Tシャツを洗濯する時にしている方法です。

      • 100均の洗濯ネットを使う
      • Tシャツを裏返しにして洗濯する
      • 洗濯時に首元を輪ゴムでとめる
      • お洒落着あらいをつかう
      • ハンガーの幅が広いものを使って干す

       

      洗濯は、服に摩擦が起こることでダメージがついていきます。

      そのため、服の摩擦を減らせば、服の劣化が防げます。

      衣服の摩擦を減らす方法は、3つです。

      • 100均の洗濯ネットを使う
      • Tシャツを裏返しにして洗濯する
      • お洒落着あらいをつかう

       

      そして、洗濯以外で服に余計な負担をかけないことが大事です。

      • 洗濯時に首元を輪ゴムでとめる
      • ハンガーの幅が広いものを使って干す

      Tシャツの首元は、洗濯するごとにゴムが緩んでいきます。

      そのため、首元を輪ゴムでとめることで負担が大きく減ります。

       

      ハンガーの幅が広いものを選ぶのは、干す時にTシャツの繊維へのダメージを減らすためです。

       

      Tシャツの洗濯前と洗濯後に気をつけることで、消耗品であっても長期間着れるようになります。

      1つの方法を取り入れることでも全然違うので、1度やってみてください。

       

      まとめ

      上記3つのことを抑えておけば、Tシャツがすぐに古くなる、消耗品であるTシャツを長く、うまく着る方法が知りたいという悩みは、限りなく減るかと思います。

      今一度、Tシャツの着方や洗濯方法を見直してみると良いと思いますよ。

      特に、服のダメージを抑えて長持ちさせたいという方は、衣類の手入れの仕方を学んでみると良いかと思います。

       

      私自身、衣類の手入れの仕方について知ってからは、クリーニングに行くことがなくなりました。

      下記の本を読んでみると、衣類の手入れの仕方がわかり、愛着ある服をより長く着れるようになるかと思いますよ。

      れお
      写真付きで分かりやすく説明してくれているので、心強いです♪

      Twitterでフォローしよう

      おすすめの記事